鶴川健吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶴川 健吉
(つるかわ けんきち)
誕生 (1981-12-04) 1981年12月4日(37歳)
日本の旗 日本東京都
職業 小説家
言語 日本語
最終学歴 大阪芸術大学芸術学部芸術計画学科
活動期間 2010年 -
代表作 『すなまわり』(2013年)
主な受賞歴 文學界新人賞(2010年)
デビュー作 「乾燥腕」(2010年)
テンプレートを表示

鶴川健吉(つるかわ けんきち、1981年12月4日 - )は、日本小説家。元大相撲行司東京都出身。大阪芸術大学芸術学部芸術計画学科卒業。行司時代の行司名は、式守健太。

経歴[編集]

都立高校を中退し、大相撲行司として桐山部屋に入門。1998年式守健太として初土俵。2001年には、序二段格に昇進。2002年2月に引退し進学。2007年大阪芸術大学芸術計画学科を卒業。その後、温泉旅館などで働き、2010年鶴川建名義で応募した「乾燥腕」で第110回文學界新人賞を受賞。受賞を機にペンネームを鶴川健吉に改めた。2013年、「すなまわり」で第149回芥川賞候補。

作品[編集]

小説
  • 『すなまわり』(文藝春秋、2013年8月)
    • すなまわり(文學界、2013年6月号)
    • 乾燥腕(文學界、2010年6月号)
単行本未収録作品
  • 裸婦ペロリ(文學界、2010年12月号)
  • 切り抜き(文藝春秋、2013年11月号)
エッセイ
  • すべてはもののとらえ方(月刊PHP、2011年1月号)