鳩サブレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳩サブレー

鳩サブレー(はとサブレー)は、神奈川県鎌倉市の豊島屋(としまや)が製造・販売するサブレー。名前が示す通りを模した形が特徴。主に鎌倉鶴岡八幡宮に参詣した人の土産として有名で、現在では神奈川県を代表する銘菓となっている。

概要[ソースを編集]

鳩サブレーは、豊島屋の初代店主である久保田久次郎が店に来た外国人からもらったビスケットが原点である。フレッシュバターをふんだんに使用した製品だが、開発を始めた当時はバターが使われていることが分からず、それを見つけるまで大変苦労をしたという。ビスケットとの違いを出し、日本人に馴染みやすい味にするため、スパイスフレーバーは使用していない。鳩の形となったのは、久次郎が鶴岡八幡宮を崇敬しており、本宮の掲額の「八」が鳩の向き合わせであることと、宮鳩が多数いるところから着想を得たためと言われている。なお、開発当初は鳩の尻びれは2本であったが、尻尾が太く見えるという理由で3本になった。現在、本店二階にあるギャラリー「鳩巣」に尾びれが2本の型が展示されている。

エピソード[ソースを編集]

鳩サブレーは明治時代末期の発売当初には「鳩三郎」とも呼ばれていた。これは、この菓子を開発した久保田久次郎が最初に「サブレー」と言う耳慣れない単語を聞いた時に「サブレー」=「三郎」と連想したためである。また、当時は一般的にも「サブレー」という外来語よりも「鳩三郎」の方が馴染みがあり、通りがよかったという。現在でも鳩サブレーのマスコットグッズの中には「鳩三郎」の名称を付けられたものがある。ただし、「鳩三郎」はあくまでも久次郎が付けた愛称であり、正式な商品名は当初より「鳩サブレー」である[1]

2013年には鎌倉市由比ヶ浜材木座腰越の各海水浴場の命名権を売りに出したのに対して、年間1200万円の10年契約で権利を購入。名称については「一般から公募する」としたが、最終的に「そのままがいい」という意見が多かったため、まず2014年 - 2016年の3年間については旧名称のままとしている[2]

店舗[ソースを編集]

直営店[ソースを編集]

  • 本店
  • 扉店
  • 梶原店
  • 長谷大仏前店
  • 北鎌倉駅前店
  • 逗子店

売店[ソースを編集]

神奈川県内[ソースを編集]

  • 横浜駅周辺
    • 横浜 高島屋
    • 横浜 そごう
  • タカシマヤフードメゾン新横浜
  • 上大岡 京急百貨店
  • 大船 ルミネウイング
  • 港南台 高島屋
  • 横須賀 さいか屋
  • 藤沢
    • さいか屋
    • 小田急
  • たまプラーザ 東急百貨店
  • 武蔵小杉 東急百貨店

東京都[ソースを編集]

  • 東京駅周辺
    • 東京駅 大丸
    • 日本橋 高島屋
    • 日本橋 三越
  • 銀座 三越
  • 新宿
    • 伊勢丹
    • 小田急(本館)
    • 高島屋
  • 渋谷 東横のれん街
  • 池袋 西武
  • 玉川 高島屋
  • 町田 小田急
  • 羽田空港
    • 第一ターミナル特選和菓子館
    • 第二ターミナル東京食賓館
  • 品川駅 エキュート品川サウス

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]