材木座海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鎌倉・材木座海岸。正面は逗子市との境界の扇山(住吉城址)。右端は逗子マリーナ

材木座海岸(ざいもくざかいがん)は神奈川県鎌倉市海岸。海岸のほぼ中央に河口を持つ滑川(なめりがわ)を境に、東側を「材木座海岸」、西側を「由比ヶ浜」という。東端では藤沢市江ノ島が見える。

歴史・由来[編集]

明治期に海水浴場となり、夏目漱石の『こころ』に描かれて有名になった。源実朝(中国)に渡る計画を立て、大きい船を完成させたが、遠浅のため進水できなかったとも伝えられている。

名称は鎌倉時代鎌倉七座(米座、相物座、博労座、炭座、材木座、絹座、千朶積座)という商工組合があり、これに由来する。江戸時代には材木座村と内陸側の乱橋(みだればし)村に分かれていたが、のちに合併して大字「乱橋材木座」となり、これが住居表示に伴い材木座一丁目-六丁目となった。

2013年には鎌倉市が海水浴場の命名権を売りに出し[1]、『鳩サブレー』で知られる地元の菓子店・豊島屋が10年契約で権利を購入したが[2]、「親しんだ名を変えたくなかった」として名称変更を行わず従来の名称を維持している[3]

遺跡[編集]

1953年に、鶴岡八幡宮の一の鳥居と海岸の間の、滑川の東岸にあった「材木座遺跡」を発掘調査した際に、約650体の人骨と、大量のの骨が出土した[4][5]

鎌倉時代末期の14世紀前半に形成された遺跡と考えられ、調査にあたった鈴木尚は、人骨に残された殺傷痕から、新田義貞の鎌倉攻めによる戦死者であると推定した。出土した人骨は、東京大学総合研究博物館に所蔵されている[6]

馬骨は大半が軍馬と見られており、四肢骨の最大長から体高は平均で129.5センチメートルで、日本在来馬の中型馬にあたり、小型馬も含まれると推定されている[7]

史跡[編集]

座標: 北緯35度18分22.5秒 東経139度32分55秒 / 北緯35.306250度 東経139.54861度 / 35.306250; 139.54861 (材木座海岸)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “海水浴場のネーミングライツ、スポンサーを募集/鎌倉”. 神奈川新聞. (2013年4月4日). オリジナルの2021年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210309041229/https://www.kanaloco.jp/news/social/entry-114104.html 2021年3月9日閲覧。 
  2. ^ “鎌倉の海水浴場、鳩サブレー老舗・豊島屋が命名権者に/神奈川”. 神奈川新聞. (2013年5月16日). オリジナルの2021年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210309041044/https://www.kanaloco.jp/news/government/entry-115525.html 2021年3月9日閲覧。 
  3. ^ “海水浴場名は変えず 命名権で豊島屋「市民の親しみ」優先”. 神奈川新聞. (2014年5月16日). オリジナルの2020年12月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201204145759/https://www.kanaloco.jp/news/social/entry-47352.html 2021年3月9日閲覧。 
  4. ^ 茂原信生, 小野寺覚、「鎌倉材木座遺跡出土の中世犬骨」 『人類學雜誌』 1987年 95巻 3号 p.361-379, doi:10.1537/ase1911.95.361, 日本人類学会
  5. ^ 平田和明, 長岡朋人, 星野敬吾、「鎌倉市由比ヶ浜地域出土中世人骨の刀創」 『Anthropological Science (Japanese Series)』 2004年 112巻 1号 p.19-26, doi:10.1537/asj.112.19, 日本人類学会
  6. ^ 日本における槍の出現とその受傷痕‐鎌倉材木座遺跡出土人骨の例から 東京大学人類学演習IV談話会[リンク切れ]
  7. ^ 川合康『源平合戦の虚像を剥ぐ 治承・寿永内乱史研究』(講談社学術文庫、2010年(原著は1996年刊行)、p.50