鳥追い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳥追い(とりおい)とは、小正月1月14日 - 15日)に行われる年中行事のひとつ。また、正月の祝い芸として各戸を回って鳥追い唄を歌う門付芸人のことも指す。

農村行事として[編集]

主に東日本の農村において行われる行事で、田畑をの被害から守ることを祈念して行われる。この行事は、主に子どもが主役となって行われ、地域によってやり方は異なるが、正月に使われた注連縄などで小屋をつくり、その小屋を小正月の夜に燃やすものや、子どもたちが鳥追いの歌を歌いながら村の中を回ったり、村境まで行くものなどがある[1]

鳥追いに扮した尾上菊五郎と中村清三郎。石川豊信画。江戸時代

門付芸として[編集]

阿波踊りの女性の衣装

阿波踊りの女性の扮装はこの鳥追い女の風俗がもとになっている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「年中行事事典」p550 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  2. ^ 『女性芸能の源流: 傀儡子・曲舞・白拍子』脇田晴子、角川学芸出版, 2001 

外部リンク[編集]