鳥威し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥威し(とりおどし)は、田畑の穀物を野鳥の食害から守るため、鳥を追い払うために田畑に設置して用いられるものの総称。

概要[編集]

鳥威しは姿によって鳥を脅かすものと音によって鳥を脅かすものがある。前者には案山子(かかし)、後者には鳴子(なるこ)や引板(ひた、ひきいた、ひいた)などが古くからある。

そのほか、現代になるとビニール製の風船に大きな目玉を描いたものやCDを吊るしたり、キラキラと光る細いテープを張り巡らしたりする例もある。ごく近年では火薬を用いて空砲を打つことも行われる[1]

田畑以外の用途[編集]

鉄道駅舎などでは、鳥類による糞害営巣などを防ぐために、鋭い針を使って鳥が居座らない道具も設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ あくまで追い払うことが目的なので、殺傷能力はない。

関連項目[編集]