鳥越憲三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥越 憲三郎(とりごえ けんざぶろう、1914年2月8日 - 2007年3月23日[1])は、日本民俗学者歴史学者

概要[編集]

岡山県出身。関西学院大学文学部卒、1962年「琉球宗教史の研究」で東京教育大学文学博士大阪学芸大学講師、助教授、1967年校名変更で大阪教育大学助教授、1973年教授。1979年定年退官、名誉教授、大阪経済法科大学教授。1989年退職。1955年『馬酔木』に投稿し、水原秋桜子に師事した[2]。長男は鳥越皓之

沖縄戦前の1942年に沖縄県の嘱託で祭祀などを調査。同年、湧上元雄と共に久高島イザイホーを視察した。また中国雲南省に日本人の起源を求めた。

著書[編集]

  • 『琉球古代社会の研究』三笠書房 1944 改訂新版 JCA出版 1982
  • 『琉球宗教史の研究』角川書店 1965
  • 『出雲神話の成立』創元社 1966 『出雲神話の誕生』講談社学術文庫
  • 『琉球の神話 カメラ紀行』岩宮武二写真 淡交新社 1966
  • おもろさうし全釈』清文堂出版 1968
  • 『沖縄の神話と民俗 「おもろさうし」のふるさと考』太平出版社 1970
  • 『神々と天皇の間 大和朝廷成立の前夜』朝日新聞社 1970 のち文庫
  • 『沖縄庶民生活史』雄山閣出版 風俗文化史選書 1971
  • 古事記は偽書か』朝日新聞社 1971
  • 『飛鳥へのふるみち 竹の内街道片岡敏男写真 新人物往来社 1973
  • 『飛鳥と難波 古代史へのいざない』保育社 カラーブックス 1973
  • 『伊勢神宮の原像』講談社 1973
  • 『吉備の古代王国』新人物往来社 1974
  • 『大いなる邪馬台国』講談社 1975
  • 『神々のみちー葛城』片岡敏男写真 新人物往来社 1975
  • 『神がみのエロス 古代日本人の性意識』新人物往来社 1976
  • 『天皇権の起源』朝日新聞社 1976
  • 『歳時記の系譜』毎日新聞社 1977
  • 『近世宮座の成立』弘文堂 1978
  • 『詩歌の起源 琉球おもろの研究』角川書店 1978
  • 『カラー吉備路の魅力』柴田秋介写真 淡交社 1979
  • 『日本人の生活文化史 2 箸と爼』毎日新聞社 1980
  • 『原弥生人の渡来』角川書店 1982
  • 倭族から日本人へ』弘文堂 1985
  • 『大嘗祭 新史料で語る秘儀の全容』角川書店 1990
  • 『古代史への道』ブレーンセンター 対話講座なにわ塾叢書 1991
  • 『古代朝鮮と倭族 神話解読と現地踏査』中公新書 1992
  • 『弥生の王国 北九州古代国家と奴国の王都』中公新書 1994
  • 『稲作儀礼と首狩り』雄山閣出版 1995
  • 『古代中国と倭族 黄河・長江文明を検証する』中公新書 2000
  • 『女王卑弥呼の国』中央公論新社 中公叢書 2002
  • 『中国正史倭人・倭国伝全釈』中央公論新社 2004

共編著[編集]

  • 『雲南からの道 日本人のルーツを探る』編 講談社 1983
  • 『家屋文鏡が語る古代日本』若林弘子共著 新人物往来社 1987
  • 『大嘗祭史料 鈴鹿家文書』島田竜雄,有坂隆道共編著 柏書房 1990
  • 『倭族トラジャ』若林弘子共著 大修館書店 1995
  • 『弥生文化の源流考 雲南省[ワ]族の精査と新発見』若林弘子共著 大修館書店 1998
記念論文集
  • 『村構造と他界観 鳥越憲三郎博士古稀記念論文集』雄山閣出版 1986

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鳥越憲三郎氏が死去:琉球新報
  2. ^ 『現代日本人名録』1987、2002年