有坂隆道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有坂 隆道
人物情報
生誕 (1921-01-02) 1921年1月2日
日本の旗 日本東京都
死没 2004年6月18日(2004-06-18)(83歳)
出身校 京都帝国大学
子供 有坂道子(歴史学者)
学問
研究分野 歴史学(日本史)
研究機関 関西大学
学位 文学博士
テンプレートを表示

有坂 隆道(ありさか たかみち、1921年1月2日[1] - 2004年6月18日)は、日本歴史学者関西大学名誉教授。専門は日本近世史。

経歴[編集]

1921年、東京生まれ。京都帝国大学文学部史学科で国史を専攻して卒業。1979年に学位論文『日本洋学史の基礎的研究』を関西大学に提出して文学博士号を取得[2]。関西大学文学部助教授、後に教授1992年に関西大学を定年退職し、名誉教授となった。

山片蟠桃麻田剛立など日本洋学史を研究。古代史研究も行う。

家族・親族[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

記念論集[編集]

  • 『日本文化史論集 有坂隆道先生古稀記念』同朋舎出版 1991

脚注[編集]