有坂隆道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有坂 隆道(ありさか たかみち、1921年 - 2004年6月18日)は、日本歴史学者関西大学名誉教授。専門は日本近世史。 東京生まれ。京都帝国大学文学部史学科国史専攻卒業、1979年、「日本洋学史の基礎的研究」で関西大学文学博士[1]。関西大学文学部助教授、教授を経て、1992年に定年、名誉教授。京都橘大学准教授有坂道子の父。

山片蟠桃麻田剛立など日本洋学史を研究。古代史研究も行う。

著書[編集]

  • 『古代史を解くカギ 高松塚以降の四大発見』毎日新聞社 1982 毎日選書 『古代史を解く鍵 暦と高松塚古墳』講談社学術文庫
  • 『山片蟠桃と升屋』創元社 1993
  • 『山片蟠桃と大阪の洋学』創元社 2005。ISBN 978-4422201467

共編著[編集]

記念論集[編集]

  • 『日本文化史論集 有坂隆道先生古稀記念』同朋舎出版 1991

脚注[編集]

  1. ^ 日本洋学史の基礎的研究 有坂隆道”. 国立国会図書館. 2012年10月31日閲覧。