鳥取大火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥取大火
Great Fire of Tottori Scan10052.JPG
炎上する鳥取市街
現場 鳥取県鳥取市
発生日 1952年(昭和27年)4月17日
14時55分
類焼面積 160ha
原因 不明
死者 3人[1]

鳥取大火(とっとりたいか)は、1952年4月17日から翌日にかけて鳥取県鳥取市で起きた大火災[1]。市街地のほとんどを焼き尽くし、罹災者2万451人、罹災家屋5,228戸、罹災面積160ヘクタールにのぼる甚大な被害をもたらした[1]鳥取市大火災(とっとりしだいかさい)、鳥取大火災(とっとりだいかさい)とも呼ばれる。

経過[編集]

1952年4月17日14時55分、鳥取駅前にあった市営動源温泉付近から出火[2]。折からフェーン現象による最大瞬間風速15mという強い南風が吹き荒れており、日中の最高気温が25.3℃に達し、湿度は28%と乾燥していた。火勢は見る見るうちに拡大し、付近の商店街や民家に飛び火しながら市街地を北へ扇状に直進する。

鳥取市消防本部および市消防団は「袋川を越えさせるな」と懸命の消火作業に当たった。市街地の中心部を流れる袋川は、かつては鳥取城の外堀の役目を果たしており、袋川の内側には県庁市役所などの官庁、さらに学校住宅が密集していたためである。しかし、ますます勢いを増す火は袋川を飛び越え、旧城下町にあった住宅地や官庁にも燃え広がった。

フェーン現象による強い南風にあおられ[3]、市内各所で飛び火による火の手が上がった。県内各市町村から消防隊が救援に駆けつけていたが、当時あった6台の消防車も3台は修理中、出動した3台もうち2台は故障で1台しかまともに使えず、上水道の水量も水圧も低すぎたこともあって手の施しようがない状態だったという。

夜になっても火は衰えないどころか、ますます勢いを増した。焼失速度は1分間に家屋7戸強というすさまじいものだった。強風にあおられて市街の最北端・湯所にあった天徳寺も炎上。愛宕神社・丸山・覚寺峠の山林を焼き、岩美郡福部村(現・鳥取市)との境界にあった摩尼寺付近まで飛び火した。

出火から12時間が経過した翌4月18日の午前4時[1]、鳥取市を焼き尽くした火はようやく鎮火した。鳥取市街最南端だった出火点から市街最北端の湯所や摩尼寺まで、延焼した距離は6kmに及んだ。

被害[編集]

鳥取大火後の鳥取市玄好町付近の様子。バラックなどが建ち並び始めている。

罹災者2万451人。死者3人。罹災家屋5,228戸。罹災面積160ヘクタール。被害総額193億円(当時の金額)。戦後国内最大級の大火災だった。当時の鳥取市の人口は6万1千人、世帯数は1万3千だったため、市民の半分近くが罹災したことになる。

鳥取市は戦争中は空襲こそ受けなかったが、1943年昭和18年)9月に鳥取大震災によって大きな被害を受けていた。敗戦の痛手と鳥取大震災の被害からの復興がようやくなった時期のこの災害が、鳥取市民に与えた打撃は大きかった。

火災の原因[編集]

これだけの大きな被害をもたらした大火災にもかかわらず、大火の原因は現在でも不明となっている。まず第1出火点として、 8月17日14時30分頃、吉方290番地の木造平屋建の空き家で出火したが、消防車が出動し消し止められた。ところがこの直後の15時2分頃、第1出火点から約17m離れた市営動源温泉屋上の湯気抜き鎧戸から火炎が噴き出して第2出火点となった。こちらは南からの強風に吹き煽られて消火できず、延焼を続けて大火につながった[2]

  • 第1出火点となった空き家は、皮葺き屋根の一部を焼いたのみで鎮火している。第1出火点の空き家では、出火直前まで3人の作業員が椎茸原木の穴あけ作業をしており、その作業に使用した電動ドリルが過熱して杉皮葺き屋根に燃え移ったのではないかと見られ、作業員3人が取り調べを受けたが証拠不十分となった。
  • 第2出火点では、鳥取駅信号所のストーブの飛び火が原因ではないかといわれ、信号所の責任者2人が取り調べを受けたが、これも証拠不十分で不起訴になっている。

復興[編集]

鳥取大火が起きた頃の鳥取市街は、旧城下町の名残で道幅が狭く、それが消防隊の活動を妨げた面があった。 火災の後の都市計画では街路拡張が行われた。また罹災地域の区画整理事業により整然とした市街地が形成された。

鳥取大火の翌日には建設省(当時)の幹部が鳥取市を視察。5月に耐火建築促進法が国会で可決された。8月には鳥取市若桜街道筋などが耐火建築促進法に基づく全国初の防火建築帯指定を受け、1955年昭和30年)までに地上3階以上のコンクリートまたはブロック造りによる94棟の建造物が完成した。

鳥取市と鳥取県庁は罹災から3年後の1955年3月に大火からの復興をまとめた『鳥取市大火災誌 復興編』を発刊している。

大火の跡[編集]

富士銀行鳥取支店(現在は島根銀行)
鳥取大火で焼け残った商家の土蔵

この大火で鳥取市の旧市街地はほぼ全滅したが、猛火の中にあって旧鳥取県立図書館、旧県会議事堂、五臓圓ビルヂング、元大工町の高砂屋、戎町の富士銀行鳥取支店(現在は島根銀行)は奇跡的に焼失を免れた。 旧鳥取県立図書館の建物は、老朽化のために保存が困難とされ、鳥取童謡おもちゃ館・わらべ館建設の際に取り壊された(外観の一部が復元されている)。また旧県会議事堂は仁風閣と同様の外観を残す貴重な明治建築だったが、やはり老朽化が著しいということで昭和50年代後半に取り壊された。

五臓圓ビルと高砂屋は旧態どおりに補修され、現在は市民交流の場となっている。この2つの建物は、ともに国の登録有形文化財に登録されている。 当時の姿をそのまま残す建造物は五臓圓ビルヂングと高砂屋の他に、鹿野街道に面した鳥取市西町に当時の商家の土蔵1棟がある。老朽化と荒廃が激しいが、こちらも鳥取大火をくぐり抜けた貴重な建造物である。 また、富士銀行鳥取支店は若桜街道に面して建ち、焼け止まりとなって後背地の延焼を防止する役割を果たすとともに[4][5][6]、大火後の一時期、店舗を焼失した日本銀行鳥取事務所が富士銀行支店内に移転していた[7]

2012年4月16日、大火の様子を収めた「鳥取大火復興記念写真帖1953」が鳥取県庁の倉庫から発見されたと発表された。当時の鳥取県土木部建築課が作成したもので86点のうち76点は未公開の写真。焼け野原になった市街地や大火後の復旧・復興の様子も収められ、「復興だ 頑張ろう」と書かれた貼り紙を撮影したものもあり、大火の被害、復興の様子を知る上での貴重な資料となる。以後は鳥取県立公文書館に移管され同年度中に公開された[8][9][10][11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ご存知ですか、鳥取大火,鳥取県東部広域行政管理組合(2006年2月12日時点のアーカイブ
  2. ^ a b 鷲見貞雄「鳥取市大火災」『鳥取の災害』61-69ページ
  3. ^ フェーン現象,松江地方気象台
  4. ^ 鳥取県公文書館「鳥取大火の初公開写真・平成28年度企画展パンフレット」
  5. ^ 鳥取大火災・秘話
  6. ^ 鳥取大火図(『鳥取の災害』63ページ)を見ると、若桜街道沿いにあった富士銀行から北東側が切り取ったように延焼を免れていることがわかる。
  7. ^ 日本銀行鳥取事務所WEBサイト
  8. ^ 鳥取大火 大量の未公開写真見つかる:NHKニュース2012年4月18日[リンク切れ]
  9. ^ 鳥取大火、復興の軌跡:朝日新聞2012年4月18日[リンク切れ]
  10. ^ 鳥取大火から60年「復興記念写真帖」見つかる(2012年4月19日時点のアーカイブ):日本海新聞2012年4月16日
  11. ^ 忘れ得ぬ惨禍の記憶、鳥取大火から60年(2012年4月19日時点のアーカイブ):日本海新聞2012年4月17日

参考文献[編集]

  • 芦村登志雄・鷲見貞雄『鳥取の災害ー大震災・大火災ー』(郷土シリーズ34) 財団法人鳥取市社会教育事業団 昭和63年
  • 鳥取市大火災誌編纂委員会『鳥取市大火災誌 災害救護篇』鳥取県庁・鳥取市 昭和28年
  • 鳥取市大火災誌編纂委員会『鳥取市大火災誌 復興編』鳥取県庁・鳥取市 昭和30年
  • 『鳥取大火と気象概報』鳥取測候所 昭和27年
  • 『報道で綴る鳥取大火災』井上浚、平成23年

関連項目[編集]

本作の劇中で主人公一家が被災。

外部リンク[編集]