岩内大火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩内大火(いわないたいか)は1954年昭和29年)9月26日北海道岩内郡岩内町で発生した大規模な火災である。洞爺丸台風(台風15号)襲来時の出火という悪条件により、市街の8割・3298戸が焼失した。

状況[編集]

北海道岩内町は、積丹半島西海岸の基部に位置する町である。水産資源に恵まれたこの地は北海道の中でも和人の定着が早く、江戸時代中期からの千石場所として栄えていた。

午後8時15分頃、岩内市街の南西部に位置する相生町で、木造平屋建て11世帯の「西口アパート」から出火。台風下の警戒で市街を巡回していたポンプ車が駆けつけ消火に当たるものの、南の烈風は風速24-40メートルに達し、ノズルから噴出する水は霧状となって火に届かないばかりか、風で職員も吹き倒されるほどだった。合計6台のポンプ車で火に立ち向かうもなす術が無く、隣家、さらに風下の倉庫に引火し、大量の火の粉を撒き散らしつつ炎上する。3点を基点として火は市街北部へと広がった。

風向きが南の烈風であるため、北側まで焼けぬけて港に達すれば自然鎮火するものと思われた。しかし台風が接近するにつれて風向きは南西、そして西へと変わり、火は重要建築物が集まる東側の大和、万代方面へ向かう。あまつさえ港湾施設にも火が進入し、漁船の燃料用として貯蔵されていた重油ガソリンドラム缶が大爆発を起こした。目撃者の証言では、燃え上がるドラム缶が2㎞も風下に吹き飛び、墜落しては火を広げていったという。さらに港内の漁船にも延焼、燃え上がる船は暴風に吹き流され、漂着した大浜方面にも火を広げた。午前0時頃には逆に東の強風となり、安全と思われていた万代方面も被災した。

火は午後8時頃から翌日27日の午前6時まで市街を時計回りに燃え進み、結局市街地の8割が烏有に帰した。

焼失戸数3298戸、焼失面積32万坪、罹災者16622人、死者35人(焼死33人、溺死2人)、負傷者551人、行方不明3人。

戦後の大火としては、地震による出火を除けば鳥取大火飯田大火に次いで全国3位となる。

出火原因[編集]

9月26日午後から夜にかけて台風15号が勢力と速度を上げつつ日本海を北上し、北海道に迫りつつあった。このため台風を恐れて少なからず住民が避難したものの、アパートの住人が火鉢の火を消し忘れ、その飛び火が出火の原因となった。

被災地域[編集]

  • 相生
  • 御崎
  • 大和
  • 万代
  • 大浜
  • 清住
  • 東山

被災した重要建築物[編集]

その後[編集]

一町村の8割を焼き尽くすという被害ながら、同じ26日午後7時頃には天候の回復を信じて出港した青函連絡船洞爺丸函館市の七重浜沖で操縦不能となり数時間後には座礁・沈没(洞爺丸事故)、世間の耳目が洞爺丸事故の方に集まり全国報道は微々たる物だった。また、火元の住人・Mは、昭和31年に札幌簡易裁判所において罰金3万円の判決を受けた。

備考[編集]

岩内在住の画家・木田金次郎は、それまで描き溜めていたデッサン油絵など千数百点をすべて焼失した。また、小説家の水上勉は、自作の推理小説「飢餓海峡」において洞爺丸事故と岩内大火を導入部に用いている。

参考文献[編集]

  • 『岩内町史』岩内町 昭和41年

外部リンク[編集]