父の暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

父の暦』(ちちのこよみ)は、谷口ジロー漫画作品である。ビッグコミック1994年4月25日号から10月10日号まで連載され、同年末に単行本として刊行された。谷口の故郷である鳥取県鳥取市を舞台とした初めての作品である。鳥取県に縁のある映画監督小谷承靖によって映画化が企画中。2011年には鳥取市朗読劇が上演された。

物語[編集]

故郷・鳥取市で暮らしていた父が亡くなった。通夜のために帰省した「私」を故郷の人たちは温かく迎え、父の思い出を語る。「私」の知らなかった父の優しさが語られ、「私」は父に心を閉ざし、父の心の内を知ろうともしなかった過去を悔いる。

おもな登場人物[編集]

本名は山下陽一。鳥取県鳥取市出身で地元の高校卒業後、東京の大学に進学してそのまま東京に就職。現在は都内のデザインスタジオで働く。
本名は山下武。物語冒頭で亡くなり、以後は思い出として語られる。戦後の鳥取で山下理髪店を営んでいたが、鳥取大火で店を焼失。陽一たちの実母・清子とは離婚し、後妻の鶴子と暮らしていた。
本名は山下清子。陽一や春子の実母。父とともに山下理髪店を営んでいたが、鳥取大火後、店の再建に打ち込む父との間に溝が生じ、離婚して倉吉に去る。
伯父
本名は大石大介。「私」の母・清子の兄で鳥取で造り酒屋を営む。武が清子と離婚した後も、何かにつけて一家の面倒を見ていた。
本名は山下春子。主人公・陽一の姉。継母の鶴子を支えて一家を切り盛りしていた。
継母
本名は太田鶴子。鳥取の漁港・賀露の漁師の娘。子供を産めない体になって実家に戻されていた。のちに父と再婚し、陽一や春子に愛情細やかに接する。

朗読劇『父の暦』[編集]

上演
2011年11月13日
会場
鳥取市民会館大ホール
キャスト
風間トオル
一色采子
加藤浩史
國岡純子
陽一(私)の幼少期
加藤翔太
河本珠奈
伯父
松本健一
継母
石黒良子
松本真二
小谷伸
スタッフ
演出
小谷承靖
脚本
重森孝子
撮影
山田健一
録音
平井宏侑
オペレーション
石井信彦
小関太一
美術
島倉二千六
音楽
平尾香奈枝
演奏
棚橋恭子(ヴィオラ)
合唱
鳥取市少年少女合唱団

ギャラリー[編集]

『父の暦・単行本第4刷』 小学館2009年ISBN 4-09-183792-1の掲載ページ数を記載しています。

漫画に登場する場面の写真