豊島沖海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高陞号事件から転送)
移動先: 案内検索
豊島沖海戦
Battle of Phungdo.jpg
小林清親による浮世絵
戦争日清戦争
年月日1894年7月25日
場所:朝鮮半島中部西岸、豊島沖
結果:日本側の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 清の旗
指導者・指揮官
Naval Ensign of Japan.svg 坪井航三 Flag of the Qing Dynasty (1889-1912).svg 方伯謙
戦力
防護巡洋艦 3 防護巡洋艦 2
砲艦
損害
喪失なし
死傷者なし
沈没 1
拿捕 1
死傷者約1100名
日清戦争

豊島沖海戦(ほうとうおきかいせん)は、1894年(明治27年)7月25日、朝鮮半島中部西岸牙山湾の西にある豊島(現京畿道安山市檀園区豊島洞)沖にて、日本海軍連合艦隊と清国海軍北洋艦隊の間で行われた海戦。宣戦布告前に発生した。

豊島沖海戦[編集]

発生までの経緯[編集]

7月16日に日英通商航海条約が締結された事でイギリスの中立的立場を確認した日本政府は、翌17日の大本営御前会議で清国との開戦を決定した。17日時点での朝鮮国京畿道ソウル周辺には清国兵2000名の駐留に対して日本兵は8000名と優位に立っており、清国側の兵員増派が到着する前に戦端を開こうとする算段だった。しかし16日の日英新条約調印時にイギリス側から暗に戦争回避を求められ、19日にも英国代理公使ラルフ・パジェットから戦争発生時は日本側に責任有りと見なすと通告されるなど、未だイギリスの立場に予断は許されなかった。

19日、日本政府は清国政府に対し「24日を過ぎても回答せずに兵員増派するならば我が国に対する威嚇行為と見なす」という内容の最後通牒を送り付けた。この「威嚇行為」の部分は「敵対行為」であったともされ、外交文書にも関わらず清国側が公表しなかった事もあって正確な文言は不明である。開戦を主導する陸奥宗光外相は「25日以降は清国の軍艦ないし兵員輸送船を攻撃しても外交上問題ない」旨を海軍側に伝えていた。最後通牒の回答期限を過ぎれば清国軍の兵員増派を確認した時点で交戦状態に突入できるという理屈であったが、これはあくまで清国政府との間でのみ押し通せる主張であり、西洋列強の第三国が関わる事態までは想定されていなかった。

23日午前11時、清国陸兵の増派を阻止する海上封鎖の任務を帯びて伊東祐亨中将率いる連合艦隊が佐世保から朝鮮半島の京畿湾に向けて出港した。坪井航三少将が指揮する第一遊撃隊「吉野」「秋津洲」「浪速」は先発隊としてソウル南方の牙山湾に向かった。明けて24日、第一遊撃隊は牙山湾内にて清国軍艦「済遠」「広乙」が護送する陸兵1000名を乗せた輸送船「飛鯨号」の船団と出会うが、期日前ゆえにそのまま素通りさせた。

そして最後通牒の期日を過ぎた25日午前7時、第一遊撃隊は牙山湾の出口付近にある豊島沖にてスループ艦「武蔵」通報艦「八重山」と合流する予定だったが2隻は現れず、代わりに牙山港から航進して来た「済遠」「広乙」と遭遇した。この清国艦2隻は前日の輸送船を牙山港に届けた後、続けて天津から到着する輸送船「高陞号」を出迎えに行く所だった。

同日7時52分、南西方向に進み黄海に出ようとする「済遠」「広乙」と北上する第一遊撃隊の両艦隊が距離3000メートルまで近づいた時、豊島沖に轟音が響きどちらかの砲弾が発射された。清国側の主張によると日本艦艇が先に砲撃したとされ、また日本側の報告には「吉野」が国際海洋法に則って’’礼砲’’を放つも「済遠」は返礼せず戦闘準備をし、又はやがて実弾を発射して来たとあった[1]。最初に砲撃したのはどちらなのか真相は定かではないが、清国は直前までイギリスに戦争回避の外交干渉を依頼しており更に当日の戦力も劣っていた事からその動機は薄く、反対に日本の開戦機運が高かった事を鑑みると、日本側が先に仕掛けた可能性は否定できないとする見方もある。

海戦[編集]

海戦は彼我の間3000メートルの近距離から開始され、当日の天候は霧が濃く視界が悪かった。第一遊撃隊司令官坪井航三少将の先制指示による一斉砲撃で「済遠」は危機に陥ったが、「済遠」の援護に向かった「広乙」への視界が開けた事でそちらに砲火が集まり、その隙を突いて「済遠」は北西方向に転舵し逃走を始めた。第一遊撃隊は「広乙」の西方を旋回しつつ艦列右舷からの砲撃を浴びせた。「広乙」はたまらず後退し、これを艦列から離れて突進した「秋津洲」が更に陸地の方へ追い込んで「広乙」を座礁させた。「広乙」艦長林国祥は乗組員を上陸させたのち船体を爆破した。

北西方向に逃走する「済遠」を当時の最速艦である「吉野」は猛烈な速度で追い上げた。「済遠」の最大速力15ノットに対し「吉野」は23ノットを出せた。彼我の距離1000メートルまで迫った時、「済遠」艦長方伯謙は左舷回頭と精密砲撃を指示して振り向きざま「吉野」に命中弾を与えた。「吉野」もすぐさま反撃し「済遠」艦橋に一弾が命中して副長沈寿昌を戦死させた。「済遠」は右回頭して北西に針路を戻し再び全速力で直進した。「吉野」も増速して追走するがその進行方向に二本の煤煙を確認した為、援軍の敵艦を警戒して減速し「秋津洲」「浪速」の到着を待って艦列を整える事にした。

間もなく煤煙の正体が砲艦「操江」と輸送船「高陞号」である事が分かると、第一遊撃隊は再び速度を上げて一気に距離を詰め「済遠」を射程内に捉えた後に速射砲を猛射した。砲弾が降り注ぐ中で方伯謙は「操江」に信号を送って退避行動を取らせると[2]、「済遠」のマストに白旗を上げさせ降服の意思表示をした。それを見た坪井少将は砲撃中止を命じるが「済遠」が停止せずに速度を維持し続けたので結局砲撃を再開させた。輸送船「高陞号」との距離が近づいた時、「済遠」はようやく減速を始めたので坪井少将は再び砲撃中止を命じ「済遠」の動きを注視した。

イギリス商船旗を掲げる「高陞号」は第三国の中立の立場であったが、そこに1100名の清国陸兵が乗船していた。「高陞号」はそのまま牙山港に向けて航行し続けていた為、坪井少将は停船と投錨を求める信号を送り更に威嚇の空砲を放って「高陞号」を停止させた。第一遊撃隊が「高陞号」に気を取られてる隙に「済遠」はまたも白旗を掲げながら速度を上げ逃走を始めた。坪井少将は「浪速」艦長東郷平八郎に「高陞号」への対応をまかせて(この詳細は高陞号事件の項目に記載)自艦「吉野」と「秋津洲」に加速を命じ「済遠」を追った。先に退避行動を取っていた砲艦「操江」は最大速力9ノットと鈍足だった為に「済遠」に追い抜かれた後に、第一遊撃隊の射程内に捉えられた事で逃走を諦め降服した。「操江」は「秋津洲」艦長上村彦之丞によって拿捕された。

「吉野」はそのまま「済遠」を追い続け距離2500メートルまで迫り、右舷の全砲門を開いて砲弾を浴びせた。「済遠」もまた応戦して両艦はしばし砲火を交わした後、方伯謙は右舷回頭を命じて座礁の危険を顧みず「済遠」を小島周辺の浅瀬へと向かわせた。「済遠」の喫水4.67mに対し「吉野」の喫水は5.18mと深かった為、坪井少将は座礁を危惧して止む無く追撃を中止させた。浅瀬を無事乗り切った「済遠」はそのまま逃げ去り、黄海に出て天津方面に退却した。

結果[編集]

この海戦による日本側の死傷者は無かった。旗艦「吉野」が機関部に命中弾を得ていたが、幸い砲弾が爆発しなかった為に損害軽微で済んだ。清国側は1100名が死傷したが、その内の900名近くは「高陞号」乗船の陸兵だった。加えて「広乙」を喪失し「済遠」は大破したと発表された。拿捕された「操江」は日本で様々に使用され1965年まで船籍に登録されていたという。豊島沖海戦から7日後の8月1日に日本は清国に宣戦布告し、同日に清国も日本に宣戦布告した。

高陞号事件[編集]

発生[編集]

高陞号撃沈の場面を描いた絵

7月25日午前10時8分、清国陸兵1100名が乗船するイギリス船籍商船「高陞号」は日本艦艇の指示を受け豊島沖に停船した。19日の最後通牒で日本艦隊による朝鮮西岸の海上封鎖を予期した清国直隷総督李鴻章は、イギリス商船をチャーターして陸軍兵を搬送させる策を取っていた。第一遊撃隊司令官坪井航三少将は逃走する敵艦「済遠」の追撃に向かった為、「浪速」艦長東郷平八郎大佐が、このイギリスを敵に回しかねない難局に当たる事になった。東郷大佐は浪速を高陞号から900メートル離れた位置に停留させると人見善五郎大尉に高陞号の臨検に向かうよう指示した。

人見大尉はカッター船に乗って高陞号に赴き、武器を手に殺気立つ清国兵達に囲まれた中で高陞号船長ガルス・ウォルズウェーと面談した。浪速の砲門が狙いを定めており清国兵も迂闊には手を出せなかった。人見大尉は高陞号の船籍と目的を尋ねて「英国ロンドンのインドシナ汽船会社代理店ジャーディン・マセソン社所有のイギリス船籍商船である事」と「清国政府にチャーターされ陸軍兵1100名と大砲14門その他を朝鮮国牙山港へ搬送する途中である事」を確認した。続けて高陞号を浪速に随行させるよう求めるとウォルズウェー船長が承諾したので、人見大尉は浪速に帰還しその旨を東郷大佐に報告した。

東郷大佐が自艦浪速に続くよう英文の手旗信号を送ると高陞号から「重大事態発生」の信号が返って来た。清国兵の反抗を読み取った東郷大佐は再び人見大尉を高陞号に向かわせ、可能ならウォルズウェー船長を浪速に移乗させるよう指示した。しかし清国兵はイギリス人が船を降りるならば殺害すると脅迫しており、ウォルズウェー船長は高陞号を天津に引き返させる妥協案を打診した。

それを聞いた東郷大佐は熟考の末、まず船長に高陞号から離れるよう英文信号を送った。返信は「こちらからは離れられない、そちらから船を送れ」だった。東郷大佐は「出来ない」と信号し、再度「船を離れよ」と送った。この交信は高陞号が清国兵に乗っ取られた叛乱状態(mutiny)にあり非戦闘員の資格を喪失した確証を得る為だったと考えられている。高陞号船上の清国兵は騒ぎ出し、すでに停船から4時間近くが経過して敵援軍が現れる恐れもあり一刻の猶予も無かった。

撃沈[編集]

13時45分、東郷大佐は高陞号撃沈を決断し浪速のマストに攻撃警告の赤旗を掲げた。だが高陞号船上はざわつくばかりであり、進展無しと判断した東郷大佐は魚雷発射を命じた。魚雷接近で清国兵が動揺した隙を突いてイギリス人船員達が海に飛び込んだのを見ると、東郷大佐はすぐさまカッター船を出して救助に向かわせた。魚雷は届かず不発に終わると、清国兵は海を泳ぐ船員達を銃撃し複数名が殺害されたが、日本水兵はウォルズウェー船長を含むイギリス人船員3名の救出に成功した。その後、東郷大佐は右舷砲2門の砲撃で高陞号を撃沈し1100名の清国兵が海に投げ出された。

浪速乗組員は海面に浮かぶ清国兵を攻撃して900名近くが死亡した。清国兵を満載した救命艇2隻も沈めたという。残る200名は陸地に辿り付くか、または漂流して翌日の通行船舶によって救助された。これらの光景は10月25日の英タイムズ紙上でイギリス人生還者によって語られ、日本海軍の印象に暗い影を落とした。民間人ではイギリス人船員4名、フィリピン人5名、中国人水夫30名ないし60余名が死亡または行方不明となった。清軍に随行していたドイツ人軍事顧問ハネッケンは漁船に救助され7月30日に朝鮮国仁川の英国領事館で高陞号撃沈の顛末を証言している。

事件後[編集]

日本政府は7月28日に連合艦隊がイギリス商船を撃沈したという確定報告を得ており、伊藤博文首相と陸奥宗光外相を始めとする政府首脳は大きく動揺した。翌29日に日本政府は法制局長官末松謙澄に事件の調査を命じ、陸奥外相は英国代理公使パジェットに相当の補償も怠らない旨を伝えた。イギリス外相キンバリー青木周蔵駐英公使を通して警告を発し日本政府の責任を追及した。更にイギリス東洋艦隊司令官フリーマントルが朝鮮半島の海軍根拠地を訪れて連合艦隊司令長官伊東祐亨に抗議した。イギリス国内では日本非難の世論が盛り上がり、8月1日には青木公使から英国世論はかなり危険な状態にあるとの電信が入った。

しかし、8月3日の英タイムズ紙にケンブリッジ大学教授ウェストレーキの寄稿が掲載され、日本海軍の行動に国際法上の正当性を認める見解を示し、続けて8月6日にも国際公法の権威であるホルランド博士が同様に国際法上正当であるとの解説をした。この二つの記事でイギリスの世論は一転して沈静化するが、日英政府間の交渉は続けられていた。

8月4日、イギリス政府は長崎に英国海事裁判所を開き7日に結審したが、この裁判はウォルズウェー高陞号船長に過失が無い事を証明するものだった。次いで上海に於いて開廷された英国海事裁判では8月17日の結審宣告で日本軍艦の行為は正当であるとの判決が下り、日本政府に対する賠償請求を放棄する勧告が本国政府に伝えられた。イギリス政府がこの勧告を受け入れた事で高陞号事件は決着し、日本政府は一切の責任を免れる事が出来た。その後、国際法を熟知し冷静かつ厳格な判断を下した浪速艦長東郷平八郎大佐を評価する声も上がった。


なお、国際法とはそれ自体が絶対の真理ではなく係争国間の力関係及び利害関係によって恣意的に適用される点にも留意せねばならない。政府から詰問された東郷大佐は高陞号撃沈の処置に問題は無いと答えたが、それは7月25日が正式な交戦状態であるとの前提に基づいた所見であって、実際はその前提自体があやふやであった。故に19日の最後通牒だけでは心もとない日本政府は、23日に朝鮮王宮占領事件を起こし強引にでも宣戦布告前の大義名分を立てる事に苦心していた。イギリスは開戦直前まで清国と日本のどちらを支持するかで揺れ動いており、7月14日が調印日だった日英条約改正は16日にずれ込み、19日にも代理公使を通して日本の軍事行動に釘を刺していた。日本外交の中枢である陸奥宗光は戦争で優勢になる最後まで対英関係に注意を払い、イギリスがいつ清国支持に回るか警戒していた。高陞号に対しては天津に引き返させるという最も無難で戦略面の不利益も少ない選択肢があり、撃沈時に起こりえる外交的リスクの方がはるかに大きかった。イギリスのアジア戦略の変化次第で結果は全く変わり、25日が宣戦布告前のグレーゾーンである以上、国際法上の解釈も変わっていた可能性があった。

参加艦艇[編集]

日本[編集]

連合艦隊・第一遊撃隊(司令官:坪井航三少将)

清国[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 25日午前7時、豊島の沖にて出会せり。 「済遠」「広乙」は司令官に礼砲をなさず。且つ戦争準備の模様なるにより、距離3000m、「吉野」即刻開戦砲撃す。アジ暦7月28日 伊東連合艦隊司令長官発 大本営宛 豊島沖海戦詳報【 レファレンスコード 】 C06060813500
  2. ^ 「高陞号」との信号の間に済遠号、浪速の艦尾に向い進んで凡そ三百「メートル」に来る。浪速、側砲を発して之を撃ち。吉野も済遠号を撃つ。アジ暦 豊島沖海戦の詳報 平山八重山艦長【 レファレンスコード 】 C06061829400

出典[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]