高田三郎 (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高田 三郎(たかだ さぶろう、1902年11月14日 - 1994年5月12日)は、日本西洋哲学史(中世)研究者、京都大学文学部名誉教授[1]広島大学助教授から1947年京大文学部助教授、1950年教授、1966年定年退官、名誉教授。中世スコラ哲学を研究しトマス・アクィナスの『神学大全』の訳者の一人であった[1]

1927年に創設された京大哲学哲学史研究第五講座(古代中世哲学史)から分割される形で1947年に開講した第六講座(中世哲学史)のスタッフとして京大に招聘され1966年退官まで務めた[1]。任期中にスコラ哲学を中心とした研究を行い、アリストテレスの翻訳やトマスの『神学大全』の翻訳を行い、日本における中世哲学史研究の水準を大きく高めた[1]

翻訳[編集]

岩波文庫、1979年。上巻ISBN 978-4003360415 / 下巻ISBN 978-4003360422

脚注[編集]

  1. ^ a b c d III 専修のプロフィール (PDF)”. 京都大学. pp. 144-145. 2015年12月7日閲覧。