高橋順一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 順一(たかはし じゅんいち、1950年9月8日[1]- )は、日本の比較思想史家、早稲田大学教授。専攻はドイツヨーロッパ思想史。

来歴[編集]

宮城県出身。1977年立教大学文学部独文科卒、80年埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。87年早稲田大学教育学部専任講師、89年助教授、94年教授、教育・総合科学学術院教授。吉本隆明廣松渉への関心も深く、『週刊読書人』、『季刊iichiko』、『図書新聞』、『現代思想』にて新刊刊行時や資本主義や社会主義の変貌の時代、吉本や廣松との長いインタビューや対談を残している。

著作[編集]

共編著[編集]

訳書[編集]

書評[編集]

  • 高橋教授の書評空間

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』