高橋茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋茂(たかはし しげる、1921年4月1日 - 2005年11月22日)は、日本の工学者東京工科大学名誉教授。工学博士。

人物[編集]

慶應義塾大学工学部電気工学科卒業。1944年6月慶應義塾大学卒業前に運輸通信省電気試験所第5部に入所する。

1953年に「電気絶縁材料の誘電特性とその測定法の研究」において、慶應義塾大学第一号となる工学博士の学位を授与された。

その後トランジスタ計算機の開発に着手し、ETL Mark Ⅲを完成させた。ETL Mark Ⅲは、日本では2番目、トランジスタ式計算機としては日本初の電子式コンピュータである。

さらにETL MarkⅢに次いで、接合型トランジスタの採用で安定性を増し、多くの計算機メーカーが製品化のベースとしたETL Mark Ⅳを完成させるなど、国産電子計算機の発展に大きな貢献をした。

略歴[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]