軽部征夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

軽部 征夫(かるべ いさお、1942年1月27日 - )は、東京工科大学学長。東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻博士課程修了。工学博士バイオニクス研究の第一人者である。

人物・経歴[編集]

東京都出身。立川市に住んでいたが周辺に外国人が多かったことなどから、海外への憧れを持っていた。やがて乗組員を目指し、東京水産大学への入学を果たす。しかし、大学の実習で乗船したところ船酔いのひどいことが発覚し、船乗りになるのを諦める。その後、研究室で酵素の活性に及ぼすガンマ線の研究を行なっていた所これに熱中し、大学院への進学を決意。そして東京工業大学大学院に入学するが、当時の指導教授の助言もあり、バイオセンサー研究の道を歩み出した。大学院修了を前に、指導教授よりイリノイ大学研究員への推薦もあり、同大学の研究員となり基礎医学の研究に熱中する。軽部は当時この研究に夢中で、アメリカ永住も考えたという。

ところが、人材不足から日本へ帰国するようにとの催促があり帰国する。帰国した軽部はバイオエレクトロニクスの研究を続けるが、当時未開拓に近い研究分野でもあり、軽部の研究室は世界でもトップグループに数えられていた。

やがて、慶應義塾大学からの打診で同大学へ赴任予定であったが、当時東京工科大学の学長であった相磯秀夫らから、研究者を自由に数十名集め好きな研究をして欲しいとの提示があり、同大学へ行くことを決意したと語っている[1]

同大学で教鞭をとる傍ら研究も行なっていたが、2008年に同大学学長となり、現在までに大学改革等の大学経営の方面においても手腕を発揮している。

専門分野は、プロセス工学人間医工学ナノ・マイクロ科学

略歴[編集]

  • 1966年 東京水産大学水産学部製造科卒業
  • 1972年 東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了。工学博士。イリノイ大学食品科学科博士研究員
  • 1974年 東京工業大学資源化学研究所助手
  • 1980年 東京工業大学資源化学研究所助教授
  • 1985年 東京工業大学資源化学研究所教授
  • 1988年 東京大学先端科学技術研究センター教授
  • 1999年 東京大学国際・産学共同研究センター長
  • 2001年 東京大学国際・産学共同研究センター教授。先端科学技術研究センター教授
  • 2002年 東京工科大学片柳研究所教授。産業技術総合研究所先端バイオエレクトロニクス研究ラボ長。片柳学園理事
  • 2003年 東京工科大学バイオニクス学部学部長、同教授。産業技術総合研究所バイオニクス研究センターセンター長
  • 2005年 東京工科大学副学長
  • 2008年 東京工科大学学長
  • 2009年 産業技術総合研究所連携研究体バイオ技術産業化センター連携研究体長

受賞歴[編集]

著書[編集]

バイオテクノロジー関係を中心に多数の著書を執筆している。

単著[編集]

ほか多数。

共著[編集]

ほか多数。

訳書[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本田財団. “本田財団レポート No.109 「バイオニクスへの挑戦」 -”. 2012年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]