高橋美保子 (ゴルファー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 高橋 美保子 Golf pictogram.svg
Mihoko Takahashi
基本情報
名前 高橋 美保子
生年月日 (1977-11-04) 1977年11月4日(42歳)
身長 158 cm (5 ft 2 in)
体重 61 kg (134 lb)
出身地 福島県福島市
経歴
プロ転向 2000年
成績
優勝回数 日本女子:3回
初優勝 2002年アピタ・サークルK・サンクスレディス
賞金ランク最高位 日本女子:9位 (2002)
2010年5月14日現在
テンプレートを表示

高橋 美保子(たかはし みほこ、1977年11月4日 - )は、日本プロゴルファー日本女子プロゴルフ協会正会員(72期)。 福島県福島市出身、仙台市在住。 仙台育英学園高等学校卒業。 身長158 cm、体重61 kg、血液型A型。 所属はゼビオグループ、用品用具契約先はクラブがピンゴルフジャパン、ボール・シューズがダンロップ、ウェアがゴルフ5。 得意クラブは、ドライバー。 師弟関係は、岡田兆男。 ホームコースは、利府ゴルフ倶楽部。 ホールインワン回数は、6回。 家族は、祖母、父、母、弟、妹。 趣味は、釣り、DVD・ビデオ鑑賞。 好きな色は、黄色。 愛称は、「みそこ」、「みほこ」など。

来歴[編集]

アマチュアでの活躍[編集]

1977年福島市内で和食飲食店を営む両親の長女として生まれる。

小学校時代には、福島市大会で陸上100メートル競技1位、水泳自由形競技3位に入賞するほどのスポーツ少女であった。 1986年3年生、8歳のときからゴルフの練習を始め、福島市内在住のプロである岡田兆男に師事、1988年5年生、11歳のときから競技会に出場するようになった。 不動裕理のアマチュア時代と同様、「ゴルフを始めたときからグローブをしたことがない」という素手でのプレースタイルであった。

中学校時代には、ゴルフのほかにソフトボールにも取組んでいたが、卒業後は生まれ親しんだ福島市内から離れ、1993年4月ゴルフ有名校である仙台育英学園高等学校に進み、星野英正らと同期生になってゴルフに精進した。 同校在学中、東北ジュニアゴルフ選手権優勝、日本ジュニアゴルフ選手権3位などの活躍を見せ、高校3年の1995年から卒業後の1996年には JGA女子ナショナルチームメンバーに選ばれた。

1997年には研修生となり、1998年からプロテストへの挑戦を開始した。また、研修生時代からプロテスト合格直後にかけて、ジュニア時代以来の知己である福嶋紘子の姉・福嶋晃子のツアー帯同キャディを5回務め、そのうち2回優勝キャディとなっている。

プロゴルファーへの転身[編集]

2000年8月、日本女子プロゴルフ協会プロテストに3度目の挑戦で合格し、同年9月1日付、正会員登録された。

2001年には、同年7月のゴルフ5レディスでツアーデビューを果たし、初出場で9位タイの成績を残し、これ以降、後半戦17試合の出場機会ながら賞金ランキング37位に入り、初年度早々にシード権を獲得した。

2002年には、アピタ・サークルK・サンクスレディスにおいてツアー初優勝、同年のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンにおいても優勝して賞金ランキング9位に入り、その名を広く知らしめ、日本プロスポーツ大賞新人賞、LPGA新人賞、GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。翌2003年ゴルフ5レディスに優勝、トッププロの仲間入りを果たした。

しかし、2004年には体調不良やスイングのトップでループする癖がついて不調におちいり、賞金ランク66位となって保有していたシード権を喪失する。2005年以降は、連続してシード権を保有、優勝こそないものの、プレーオフ進出しての2位に入る試合も見られるなど復調傾向にある。

契約関係[編集]

2002年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで優勝したのを受け、翌年から同大会の開催コースとなった利府ゴルフ倶楽部と所属契約を締結したが、現在は契約解消している。

2008年3月6日、ピンゴルフジャパンと、クラブ・キャディバッグについて用品用具契約を締結した。

人物[編集]

打風[編集]

身長158センチ、体重56キロと、スポーツ・アスリートとしては小柄で恵まれない体格ながら、プレーンを大きく使った大きく美しく、力強いスイングが特徴である。得意クラブがドライバーと言うだけあって、ティーショットで見せる豪快なスウィングが有名だが、アプローチで見せるショットメイキングも器用である。

プレーン面を無駄なく使ってのスイングが特徴だけに、トップ下でループを見せスイングを狂わせた2004年度には、シード権を失うほどの成績不振をもたらした。その後は、スイングも復調し、安定した成績を残している。


年度別成績[編集]

年 度 出場試合 年間獲得賞金 順 位 平均ストローク
2001年 17試合 1380万8490円 37位 72.3721
2002年 28試合 4360万9536円 9位 72.5309
2003年 24試合 2593万9885円 19位 72.6567
2004年 18試合 623万9250円 66位 73.9773
2005年 26試合 1476万6264円 43位 73.4194
2006年 30試合 2042万6740円 41位 73.9740
2007年 30試合 2427万5052円 36位 73.5944
2008年 7試合 219万4000円 57位 73.8824
2009年 21試合 97万6600円 126位 75.7215

おもな戦歴[編集]

アマチュア時代[編集]

  • 1994年 東北ジュニアゴルフ選手権競技 優勝
  • 1994年 日本ジュニアゴルフ選手権競技 3位

ナショナルチーム選抜履歴[編集]

  • 1995年 JGA女子ナショナルチームメンバー
  • 1996年 JGA女子ナショナルチームメンバー

プロ転向後[編集]

エピソード[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]