高橋秀五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 秀五(たかはし しゅうご、1962年9月28日 - )は日本のゲームクリエイター。 キャメロット代表取締役副社長。社長である高橋宏之の弟。

略歴[編集]

当初はビジネス用ソフトを制作する会社に在籍していたが、兄である宏之がソニックを設立したのを機にゲーム業界へ。 以後同社でシャイニング・フォースシリーズを手がける。

1994年SCEに誘われたのを機にキャメロットを設立。社長に就任しプレイステーション用ソフトの制作を開始する。

1997年シャイニング・フォースIIIの開発を機にソニックとキャメロットが合併。以後兄の宏之が社長、弟の秀五が副社長を務める事になる。

同社の全てのゲームに深く関わっており、特にRPGの開発では自ら指揮を執る事が多い。

ゴルフ好きとして有名で、手がけたゴルフゲームには本人のノウハウも数多く盛り込まれている。モバイルゴルフでは自らカウンセリング担当として、ユーザーからの相談に答えていた。

作品[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]