ビヨンド ザ ビヨンド 〜遥かなるカナーンへ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビヨンド ザ ビヨンド 〜遥かなるカナーンへ〜
ジャンル コンピュータRPG
対応機種 プレイステーション
開発元 キャメロット
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
プロデューサー 高橋秀五
音楽 桜庭統
美術 柴田亜美
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 日本:1995年11月3日
北米:1996年8月31日
テンプレートを表示

ビヨンド ザ ビヨンド 〜遥かなるカナーンへ〜』(Beyond the Beyond)は、1995年11月3日ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)から発売されたキャメロット制作のプレイステーションコンピュータRPG

概要[編集]

本作はキャメロットが手掛けた最初の作品であるが、本作はPlayStationシリーズ初の従来のオーソドックス型の本格王道ファンタジーRPGとなった。プロデューサーはシャイニング・シリーズを手掛けた高橋秀五。「プレイステーション1周年記念RPG」として発売され、SCEによる大規模な販促キャンペーンが展開された。また、CMなどではビヨビヨという略称も使用している。

キャラクターデザインには柴田亜美を起用、BGM桜庭統が担当した。

ゲームシステム[編集]

ゲームシステムは、コンピュータRPGとしてオーソドックスなものとなっている。ここでは、本作特有のシステムについて述べる。

VP(ヴァイタルポイント)・LP(ライフポイント)
他のゲームにおけるHP(ヒットポイント)に相当するパラメータ。敵の攻撃を受けることによってVPが減少し、VPが0になるとグロッキー状態になる。ターン経過によってグロッキー状態は自動回復するが、回復時にLPを消費する。VPとLPの両方が0になるとそのキャラクターは死亡する。
APS(Active Playing System)
戦闘中、方向キーを押しながら○ボタンを連打することによって、戦闘を有利に進めることができるシステム。効果は以下のとおり。
  • 攻撃時に、クリティカル攻撃または2回連続攻撃の確率上昇
  • 敵からの攻撃を受けるときに、攻撃を防いだり、ダメージを軽減したりする
  • グロッキーからの回復時に、LPの消費を抑え、VPの回復量を多くする
※ APSの効果を得るには、手でボタンを連打する必要がある。連射パッドの連射機能で1秒あたり一定回数以上を意図的に連打した場合はAPSの効果は得られない。
転職
ゲームの中盤、一定の条件を満たすことによって転職することができる。転職後の職業は各キャラクター固定であり、転職は各キャラクター1回のみ。転職による効果は以下のとおり。
  • グラフィックの変更
  • レベルの上昇により、より上位の魔法を覚えるようになる
  • 強力な武器防具を装備できるようになる
※ 転職直後はレベルの表示は1になるが、実質のレベルは「現在表示されているレベル + 転職直前のレベル」である。

登場キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

フィン
職業:剣士勇者
本作の主人公。マリオン国騎士団長ケビンズの息子。
その素性は、マリオンの姫君と騎士の間に生まれた少年。そのため王族の血を引いており、エドワードとは血縁関係にある。
当時の両親の恋愛は周囲に認められず、引き離されることを恐れて生まれて間もないフィンを連れて亡命を図るが、連れ戻しにきたケビンズとの争うイにより両親は崖から落ち死亡。二人の死を重く受け止めたケビンズは、フィンを引き取り自分の息子として育てたのであった。
アニー
職業:僧侶司祭
元マリオン国騎士団長ガラハッドの娘で、フィンの幼なじみの少女。とある事件がきっかけで、回復魔法の能力に目覚める。おてんばな性格であり、「女の子だから」という理由で男と区別されることを嫌う。
ベルーシ
職業:騎士黒騎士
アニーの兄で、マリオン国の騎士。フィン達を逃がすために敵に捕らえられ、パーティから離脱する。その後、ラムウによって洗脳され仮面の黒騎士としてフィンたちの前に敵として立ちはだかる。終盤のダンジョンでは彼と決着をつけることになるが、その際に一切攻撃せず耐え続ければ仮面の洗脳が解かれ、仲間としてメンバーに復帰する。
サムソン
職業:戦士ジェネラル
エドワードの護衛役であり、大陸一の怪力を誇る戦士。パーティ加入直後にラムウに呪いをかけられ、大幅に実力を失い長期間苦しめられることになる。神様の手によって呪いは解かれるが、既に自力で呪いによるパワーダウンを克服していた(ただし呪いによる状態異常は継続していた)。
エドワード
職業:魔法使いビショップ
マリオン国の王子。甘えん坊で病弱だが、優れた攻撃魔法の才能を持っている。
トント
職業:シャーマンサモナー
シモンの村出身の召喚魔法の使い手。自分のイタズラが原因で丸々とした変な姿になっているが、本来はれっきとしたシャーマン族の子どもである。所謂隠しキャラであり、仲間にしなくてもストーリー進行に影響はない。
ドミノ
職業:海賊キャプテン
世界の財宝を求めて航海の旅を続ける海賊。
ローレライ
職業:モンク→マスターモンク
バルバロス国の。幼いころから武術を学んでいる。どうやらフィンにほの字の模様。

敵キャラクター[編集]

バンドール王
バンドール国の国王。魔族の力を利用した世界征服の野望を持っている。しかし最終的には、シュタットに裏切られ、軍艦の砲撃によって命を落としてしまう。。
娘のローレライを溺愛しており、「勇者」に転職したものでなければ絶対に結婚させないと固く誓っていた。
シュタット
バンドール国の軍師。直属の3将軍を従えている。実はカナーンにて魔族を封印する使命を帯びていた神官だったが、「覇王」によって憑依され支配されてしまった。本来はマリオンの王族と共に魔界と地上を繋ぐ門の封印をつかさどっていたが、マリオン側がエドワードを寄越すのを断ったためこのような事態となってしまった。
最期はラムウと共にフィン一行と戦うが力及ばず死亡する。
ラムウ
シュタット直属の3将軍の1人。強大な魔力の持ち主で、特に呪術を得意としている。れっきとした女性だが、なぜかニューハーフに間違えられることがあるらしい。最期はシュタットと共にフィンたちと戦うが力及ばず死亡する。
ヨーン
シュタット直属の3将軍の1人。人間とはかけ離れた異様な外見である。小さく弱そうに見えるが、ラムウを凌ぐ魔力の持ち主。
ラストダンジョンの入り口にて一行を待ち構え、対決するが敗北。死亡した。
ダグート
シュタット直属の3将軍の1人。クロスボウの使い手。3人の中では最も力に秀でており、常人にはとても扱えないような巨大なクロスボウを軽々と扱うことができる。見た目に反して常に敬語で喋る。
ラストダンジョンに入るための鍵を求めて現れたフィン一行と対決し、敗北。死亡した。

その他のキャラクター[編集]

スタイナー
数年前にフィンが拾ったベビードラゴン。戦闘ではフィンの攻撃後に追加攻撃を行うことがある。フィンが転職すると巨大なドラゴンに成長する。スタイナーによる追加攻撃は無くなるが、フィンの「スタイナー」の魔法で呼び出し、全体攻撃を行うことができるようになる。さらに、乗り物として使用可能になる。
ケビンズ
マリオン国騎士団長。ガラハッドの元部下。騎士団長として城で暮らしているため、月に一度、フィンに稽古をつけることが唯一の親子のふれあいになっている。
ガラハッド
元マリオン国騎士団長。ベルーシとアニーの父親。ケガのために騎士団を引退し、現在はアイラの村で暮らしている。
ソーニャ
ガラハッドの妻。フィンを実の子と同様に育ててきた。
賢者ホネット
シモンの村のはずれで修業をしているシャーマン。サムソンにかけられた呪いを解くことができる唯一の人物。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]