高橋正弘 (環境学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 正弘(たかはし まさひろ、1969年 - )は、日本の環境学者。専攻は環境教育埼玉県川越市出身。大正大学人間学部人間環境学科教授。日本環境教育学会理事。

来歴[編集]

担当経験のある科目[編集]

  • 地域開発と福祉(大正大学
  • 多文化福祉論(大正大学)
  • 環境への責任を考える(大正大学)
  • 人間環境論(大正大学)
  • 森里海連環学Ⅱ(大正大学)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『環境教育政策の制度化研究』 風間書房 2013年10月

共著[編集]

論文[編集]

  • 低炭素教育とその試行的実践に関する研究(大正大学 大正大學研究紀要 2014年3月)
  • 低炭素教育の構想の検討と考察(日本環境教育学会関東支部 日本環境教育学会関東支部年報 2012年
  • 環境保全活動・環境教育推進法の改正に関する一考察(大正大学 大正大學研究紀要 2012年)
  • 地域づくり活動をめぐるESD からの評価枠組の研究--山形県長井市の循環型まちづくりにおける教育・啓発活動について(大正大学 大正大學研究紀要 2011年
  • バードウオッチャーが形成する集団の類型について(日本環境教育学会関東支部 日本環境教育学会関東支部年報 2010年
  • 環境教育政策の策定過程で顕在化した障害の分析--マレーシァ・サバ州の事例から(環境情報科学センター 環境情報科学論文集 2008年
  • 環境教育政策の策定の動機に関する研究(環境情報科学センター 環境情報科学論文集 2006年
  • 国連環境開発会議から持続可能な開発世界サミットまでの10年--環境問題解決に向けた取組の進展(開発教育協議会 開発教育 2002年8月)
  • 第13分科会 地域と教育--子どもと育てる地域、地域が育てる教育(国土社 教育 1998年11月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]