高橋昌史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 昌史
Masashi Takahashi
ポジション フォワード
身長 194cm (6 ft 5 in)
体重 96kg (212 lb)
血液型 B型
足のサイズ 29.5cm
基本情報
ラテン文字 Masashi Takahashi
誕生日 (1985-05-27) 1985年5月27日(33歳)
日本の旗 日本
出身地 宮崎県都城市
ドラフト 2008年 ドラフト外 
選手経歴
2008-2009
2009-2010
2010-2011
2011-2012
2012-
埼玉ブロンコス
富山グラウジーズ
宮崎シャイニングサンズ
都城クラブ
宮崎シャイニングサンズ

高橋 昌史たかはし まさし1985年5月27日 - )は、宮崎県都城市出身のプロバスケットボール選手である。ポジションはフォワード

経歴[編集]

大王小学校在学中の9歳の時にバスケットボールを始める。小松原中学校を卒業後、延岡学園高校に進学。 2001年、1年生時よりウィンターカップに出場する[1]。1回戦で岡田優介が居る土浦日大に敗れる。自身はスタメンとして出場して8得点[2]。翌2002年は小林高校に破れ、インターハイもウィンターカップも出場出来なかった。3年生となった2003年は、自身初のインターハイ出場を果たし、ウィンターカップではベスト4まで勝ち進む。高校卒業後は大東文化大学に進学し、同期の阿部友和竹野明倫らとともに関東インカレ優勝に貢献。

2008年、bjリーグ育成指定選手となる。同年2月に埼玉ブロンコス練習生となり、2008年-2009年シーズンに選手契約を結んだ。

その後埼玉との契約が満了し、2009年10月13日、富山グラウジーズの練習生となる。同年12月30日に選手契約を結ぶ[3]。2010年オフ、契約満了により退団[4]

2010年7月、この年発足した宮崎シャイニングサンズの練習生となり[5]、その後選手契約を結ぶ。2010-2011シーズンはレギュラーシーズン50試合中26試合に出場し130得点を挙げた[6]。シーズン終了後に引退を発表し[7]、その後は地元のクラブチームでプレイしていたが、2012年10月に宮崎シャイニングサンズと選手契約に合意し、[8]、この年シャイニングサンズのヘッドコーチに就任した延岡学園高校時代の恩師北郷純一郎のもと、現役復帰した。

記録[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2008-09 埼玉
bjリーグ 2009-10 富山
bjリーグ 2010-11 宮崎 26 11 14.5 .315 .250 .818 2.0 0.7 0.4 0.2 0.7 5.0
bjリーグ 2012-13 宮崎

脚注[編集]

  1. ^ http://www.basketball-zine.com/high/2001/wcup01/cgi-bin/more.cgi?id=m046
  2. ^ http://www.basketball-zine.com/high/2001/wcup01/cgi-bin/detail.cgi?id=24^E^2
  3. ^ 選手契約(新規)締結のお知らせ”. 富山グラウジーズ (2009年12月30日). 2012年10月3日閲覧。
  4. ^ 高橋選手、契約満了”. 富山グラウジーズ (2010年6月15日). 2012年10月3日閲覧。
  5. ^ 【MSS】練習生獲得のお知らせ”. 宮崎シャイニングサンズ (2010年7月24日). 2012年10月3日閲覧。
  6. ^ bjリーグオフィシャルガイドブック2011-2012、83頁
  7. ^ 【MSS】高橋昌史選手 現役引退のお知らせ”. 宮崎シャイニングサンズ (2011年6月7日). 2012年10月3日閲覧。
  8. ^ 【MSS】選手契約合意のお知らせ”. 宮崎シャイニングサンズ (2012年10月3日). 2012年10月3日閲覧。

関連項目[編集]