高橋周大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 周大 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカハシ シュウタ
ラテン文字 TAKAHASHI Shuta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-07-27) 1983年7月27日(38歳)
出身地 東京都三鷹市
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム エリースFC・DX
ポジション MFFW
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
当項目参照
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高橋 周大(たかはし しゅうた、1983年7月27日 - )は、東京都三鷹市出身のサッカー選手。ポジションはMFFW

父は元サッカー選手で横浜トライスタークラブ(後の横浜フリューゲルス)に所属した高橋要二

来歴[編集]

少年時代は地元・三鷹市立第七小学校にあるサッカークラブ、三鷹七小キッカーズに所属。入部時より他を圧倒するサッカーセンスを発揮した。

早稲田大学卒業後、2006年J2水戸ホーリーホックに加入。開幕戦でスタメンデビューし、初ゴールを挙げた。

2007年JFL横河武蔵野FCへ移籍した。2008年シーズン終了後に、横河武蔵野を退団。

2009年から関東サッカーリーグ2部・エリースFC東京に移籍。2014年からエリースFC・DX(現・エリース東京クラシック)でプレーしている。

エピソード[編集]

  • 少年時代は父親の背番号9を慕い、チームで実力があって10番を背負えても、あえて9番にこだわっていた。
  • 小学校4年生の春、当時の4種指導者の中ではひと際子ども達の興味を持たせる練習内容で、明るく楽しい基礎指導で異彩を放つ学生指導者だった明真希(日本学園高~札幌大)が大学進学の為チームを離れる際、思い出作りの意味を含めて組んだ練習試合の中に、日本学園高校グラウンドで行なわれたジェファFCとの試合があるが、後に國學院久我山高校進学時、このジェファFCの創設、指導者であり監督の李済華(リ・ジェファ)(東京朝鮮高級学校サッカー部監督~日本学園高校サッカー部コーチ~國學院久我山高校サッカー部コーチ、現・監督)に再会し、新たに徹底した指導をされることとなる。
  • 三鷹七小キッカーズ時代に同じチームでプレーした仲間で、1つ下の学年に吉本興業東京本社所属のお笑いトリオジューシーズ松橋周太呂がいた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 水戸 24 J2 18 1 - 1 0 19 1
2007 横河武蔵野 11 JFL 11 2 - - 11 2
2008 30 7 - - 30 7
2009 A東京 28 関東2部 - -
2010 18 4 - -
2011 11 6 - -
2012 関東1部 8 - -
2013 -
2014 エリースFC・DX/エリース東京クラシック 東京都2部1ブロック - -
2015 - -
2016 - -
2017 東京都2部3ブロック - -
2018 東京都2部2ブロック - -
通算 日本 J2 18 1 - 1 0 19 1
日本 JFL 41 9 - - 41 9
日本 関東1部 -
日本 関東2部 -
日本 東京都2部1ブロック - -
日本 東京都2部2ブロック -
日本 東京都2部3ブロック -
総通算 59 10 - 1 0 60 10

関連項目[編集]