高松美代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高松 美代子
Miyoko Takamatsu
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 高松 美代子
たかまつ みよこ
生年月日 (1962-05-09) 1962年5月9日(59歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 162.1cm
体重 58.0kg
チーム情報
所属 日本競輪学校
期別 102期
分野 トラックレース
役割 選手
プロ所属チーム
2012 - 2017年
日本競輪選手神奈川支部
グランツール最高成績
最終更新日
2021年3月8日

高松 美代子(たかまつ みよこ、1962年5月9日 - )は、元女子競輪選手。日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)女子第1期生(第102期生)。現役時代は日本競輪選手会神奈川支部所属。師匠は三住博昭(61期)。

来歴[編集]

大阪府生まれ[1]で、東京都が出身地[2]。最終学歴はプール学院短期大学。前職は小学校講師(臨時教員)[3]

結婚を機に講師を辞め専業主婦となったが、娘二人を自宅から5km以上離れた幼稚園に通わせていただけでなく、都合7年間ほぼ毎日自転車を漕いで送迎していたことから自然と脚力が付き、たまたま来ていたプールで面識のない男性から「自転車(競技)をやっているのか?」と聞かれ、300kmの自転車レースに出場するように勧められる[4]

日本スポーツマスターズ自転車競技大会では2006年から2010年まで女子個人ロードレースで5連覇、東京 - 糸魚川ファストラン300kmでは女子の部8回優勝等の実績を挙げたことから、受験年齢制限がない女子競輪選手を志し、2011年2月25日、競輪学校第102回(女子第1期)試験に合格[5][6]。競輪学校では生徒会長を務め、在校競走成績は5勝を挙げ第19位[7]

競輪学校卒業後の2012年5月1日、競輪選手として登録された。同年7月1日に平塚競輪場でデビュー戦を迎えたが、発走前の入場時に敢闘門の段差に足を取られてひざをついてしまい、転倒扱いとされ予定時刻よりも10分程度発走を遅らせてしまった(結果は6着)[8]。初勝利は、同年12月27日高松競輪場

2013年8月4日熊本FIにて最終日一般戦で勝利。これが現役時最後の勝利かつガールズケイリンにおける最高齢勝利記録(51歳2か月)でもあった[8]

2016年7月前橋でのレースで落車し、頭を打って首の第一頸椎を2か所も骨折するという大怪我を負うも、3か月間の欠場で復帰[8]

当時は2020年東京オリンピックまでは現役を続ける意向であったが、2017年に入り夫が急死。それをきっかけに実兄が現役継続に反対し出し、二人の娘もそれに同調したことから、同年3月25日、出走していた千葉競輪場で現役引退を表明[8][9]、翌26日の第5レース5着をもって現役にピリオドを打った[10]。レース後にはダッグアウトで引退セレモニーが行われた[11]

2017年4月13日、選手登録消除。通算成績323戦3勝。引退翌月の5月からは、日本競輪選手会指導訓練課にて、ガールズケイリンサポートスタッフとして、主にガールズケイリン選手の相談役などサポート業務を行っている[8]

人物[編集]

家族は、夫(2017年1月死去)と2女[9]。自身には1歳年上の歯科医師である兄が一人いる[8]

脚注[編集]

  1. ^ Vol.1 ガールズケイリン@高松美代子『トシは関係ないの。「挑戦」。人生は二度おいしい~49歳の高松美代子』
  2. ^ ガールズケイリン プロフィール
  3. ^ なでしこアスリート@女性スポーツ選手応援ブログ
  4. ^ 激レアさん!50歳でプロ競輪選手、高松美代子のプロフィール - インフォダイブ、2019年11月27日
  5. ^ 日本競輪学校女子第1回生徒入学試験合格者名簿 - KEIRIN.JP
  6. ^ 高松さん48歳で合格 - タウンニュース 川崎区 幸区版 2011年3月11日付
  7. ^ 競走成績戦法別一覧表 (PDF) - KEIRIN.JP
  8. ^ a b c d e f ママチャリで爆走!普通のお母さんが女子競輪界の「鉄人」になるまで(週刊女性2020年6月2日号)”. 主婦と生活社 (2020年5月24日). 2020年5月25日閲覧。
  9. ^ a b “【競輪】ガールズケイリン最年長 高松美代子が引退表明”. デイリースポーツ(デイリースポーツONLINE) (神戸新聞社). (2017年3月25日). https://www.daily.co.jp/horse/2017/03/25/0010034937.shtml 2020年5月25日閲覧。 
  10. ^ “山原さくらが先行で快勝、今年4度目の優勝/千葉”. 日刊スポーツ(nikkansports.com) (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月27日). http://www.nikkansports.com/public_race/news/1798400.html 2017年3月27日閲覧。 
  11. ^ 高松美代子選手 ラストラン!”. ガールズケイリン情報配信サイト (2017年3月27日). 2019年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]