高實康稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高實 康稔(たかざね やすのり、1939年 - 2017年4月7日[1])は、日本のフランス文学者長崎大学名誉教授。

略歴[編集]

山口市出身。1969年、九州大学大学院文学研究科仏語仏文学専攻博士課程中退、長崎大学教養部講師赴任(フランス語)。1971年、フランス政府招聘研修員としてポー大学グルノーブル大学(en:Grenoble Alps University)に留学の後、私費でパリ大学に延長留学し、翌1972年帰国。1993年、同教養部教授。1995年、「岡まさはる記念長崎平和資料館」を有志とともに設立。1997年、教養部改組に伴い環境科学部教授(異文化交流論)に就任。2005年、定年退職。その後は長崎在日朝鮮人の人権を守る会会長[2][3]、岡まさはる記念長崎平和資料館理事長[2]。2006年、フランス政府よりパルム・アカデミックフランス語版英語版(学術功労勲章)のシュヴァリエ階級を受章。

著書[編集]

  • 「韓国・朝鮮人被爆者と強制連行」 岡まさはる記念長崎平和資料館、1996年

共著[編集]

  • 「8ケ国語訳「世界の人へ」 : 朝鮮人被爆者の記録」 同時代社、1994年 ISBN 978-4886833129
  • 「朝鮮人被爆者とは : かくされた真実」 長崎在日朝鮮人の人権を守る会、1986年

翻訳[編集]

  • 「日本の想い出 Souvenir du Japon」 le comte de Lijnden(リンデン伯) 著 ; 杉村邦夫, 嘉村国男 構成編集 ; 小林勝 撮影 ; 高實康稔 訳 長崎文献社、1983年
  • 「自然が滅びぬうちに」 Jean Dorst著 ; 高實康稔, 相磯佳正編 駿河台出版社、1973年

参考文献[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]