高井田中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高井田中央駅
駅舎(手前は地下鉄高井田駅入口)
駅舎(手前は地下鉄高井田駅入口)
たかいだちゅうおう
Takaida-Chūō
JR-F08 放出 (1.7km)
(1.6km) JR河内永和 JR-F10
所在地 大阪府東大阪市川俣一丁目1-1
駅番号 JR-F09
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
大阪外環状鉄道
所属路線 F おおさか東線
キロ程 1.7km(放出起点)
電報略号 タイ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
5,039人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 2008年平成20年)3月15日
乗換 高井田駅Osaka Metro中央線
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
ホーム

高井田中央駅(たかいだちゅうおうえき)は、大阪府東大阪市川俣一丁目にある西日本旅客鉄道(JR西日本)おおさか東線。駅番号はJR-F09

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

おおさか東線の駅は、仮称を高井田駅とされていたが、関西本線大和路線)に高井田駅柏原市)があり、区別のため駅名を高井田中央駅とした。「中央」の由来は中央大通りの上にあること[1]からである。

また、この駅は地下鉄「中央線」との乗り換え駅になっているが、行政区画的には高井田という名前の付く地域の「中央」には位置しておらず、北東の端を少しはみ出たところに位置している。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の高架駅で、8両編成対応。上屋は6両分。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。エレベーターは1基、エスカレーターは上り用と下り用の1基ずつの2基が設置される。大阪市営地下鉄中央線高井田駅が真下にあり、当駅の駅入口は高井田駅の2号出入口付近に設けられている。みどりの窓口は設置されておらず出札窓口自体の営業もないが、みどりの券売機が設置されている。

放出駅が管理するJR西日本交通サービスによる業務委託駅であり、一部時間帯は無人となる。そのため改札機・券売機・精算機付近にはインターホンがあり、無人時間帯はコールセンターのオペレーターが対応し各種機器を遠隔制御している。

「モノづくりの中心である先進性・エネルギー」をデザインコンセプトとしている。おおさか東線の途中駅にはステーションカラーが導入されており、この駅のカラーは

のりば[編集]

のりば 路線 行先
1 F おおさか東線 放出方面
2 久宝寺方面

利用状況[編集]

「大阪府統計年鑑[2]」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2008年 2,815 [3]
2009年 3,270 [4]
2010年 3,586 [5]
2011年 3,856 [6]
2012年 4,215 [7]
2013年 4,494 [8]
2014年 4,623 [9]
2015年 4,843 [10]
2016年 5,039 [11]

駅周辺[編集]

JR高井田中央駅の東側にはロータリーが設置されている。また、高井田中央駅の北側と南側の高架下に駐輪場が設置されている。南側の駐輪場は、中央大通より南側に設置されているため、JR高井田中央駅からは横断歩道を渡る必要がある。

バス路線[編集]

大阪バス京都観光バスが運行する京都方面への高速バス「京都特急ニュースター号」が停車する。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
F おおさか東線
直通快速
通過 (2018年5月19日に限り臨時停車した。)
普通
放出駅 (JR-F08) - 高井田中央駅 (JR-F09) - JR河内永和駅 (JR-F10)

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]