馬籠城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
馬籠城
岐阜県
別名 馬籠丸山城、丸山城
城郭構造 山城
主な城主 遠山氏木曾氏島崎重通
廃城年 元和元年(1615年
遺構 曲輪
指定文化財 未指定
位置 北緯35度31分19秒
東経137度33分42秒
地図
馬籠城の位置(岐阜県内)
馬籠城
馬籠城

馬籠城(まごめじょう)は、信濃国筑摩郡神坂村岐阜県中津川市馬籠)に存在した日本の城山城)である。

概要[編集]

馬籠宿が存在した神坂村は平安時代中期に美濃国恵那郡から信濃国筑摩郡に移された木曽地域に属しており、江戸時代迄、馬籠城は遠山氏木曾氏支城として機能していた。江戸時代に入ると名古屋藩領となり、明治時代廃藩置県により名古屋県伊那県筑摩県を経て、長野県となったが、平成17年(2005年2月より長野県木曽郡山口村から岐阜県中津川市に越境合併したため中津川市の史跡となった。

歴史[編集]

馬籠は遠山荘に属していたとされ、鎌倉時代に成立した『吾妻鏡』では、木曾義仲の妹の宮菊姫北条政子の養女となり「美濃国遠山荘の一村」を与えられたと記され、これが馬籠とされて宮菊姫にまつわる伝承や墓が馬籠に伝わっている。

室町時代には、馬籠遠山氏の所領となっていたようであり、永享3年(1431年)の『永享以来御番帳』に遠山馬籠左馬介、文安元年(1448年)の『内裏』に遠山馬籠、長享元年(1487年)の『常徳院殿』に遠山馬籠右馬介の名が見える。なお、応仁の乱時の文明5年(1473年)には、東軍の小笠原家長木曾家豊伊那谷木曽谷から遠山荘に侵攻している。天文年間に入って甲斐国武田信玄が信濃国に勢力を伸ばすと、天文24年(1555年)に木曾氏も武田氏に降り、続いて遠山氏も武田氏の傘下に入った。

その後、元亀2年(1572年)頃から、武田信玄と織田信長の間で抗争が始まり、『甲陽軍鑑』によると天正2年(1574年武田勝頼が落とした遠山十八支城の中に、まごめの名が見える[1]天正9年(1581年)、木曾義昌が武田家を見限ると馬籠城は木曾氏の支城となった。

天正12年(1584年小牧・長久手の戦いの際には豊臣秀吉側に付き、馬籠城に島崎重通島崎藤村の祖先にあたる)を入城させたが、徳川家康方の菅沼定利保科正直諏訪頼忠の連合軍が現在の馬籠宿の北に陣を張り馬籠城を攻める事を知った島崎重通は、山村良勝の守る妻籠城に逃げ、そこで徳川勢を撃退した。馬籠城はそのまま放置されたが馬籠は戦火から逃れた。

慶長5年(1600年関ヶ原の戦い以後、徳川氏の領土となり、元和元年(1615年)以降は尾張国徳川氏の領地になったが、特に手は加えられず廃城になった。

遺構・その他[編集]

主郭の東側に大手道と説明板が存在するが明確な遺構は見つかっていない。なお、中津川市神坂には南東の霧ヶ原にも丸山城と呼ばれる遠山氏の支城が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 『甲陽軍鑑』第51品「ないぎ、かうの、ぶせつ、いまみ、あてら、まごめ、大井、中津、つるひ、かうた、せとざき、ふつた、ぐし原、明智」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]