香川鉄蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香川 鉄蔵(かがわ てつぞう、1888年2月15日 - 1968年12月9日)は、第一次世界大戦後から第二次世界大戦後にかけて大蔵省嘱託として勤務した人物。セルマ・ラーゲルレーヴニルスのふしぎな旅』の邦訳者としても知られる。

経歴[編集]

1888年明治21年)、東京市浅草区の区会議員を務める香川直吉の三男として生まれる。1892年に父・直吉が49歳で死去、長男の初太郎は旧制中学の英語教員を勤め家計を助けたが1905年に30歳で死去している。

鉄蔵は兄や姉の支援を受け、1906年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。第一高等学校を経て、東京帝国大学文学部哲学科に進み心理学を専攻するが、大学卒業直前の1911年12月に自主退学した。

香川は、友人を頼って全国各地を放浪するなかで新潟県に住む水戸高校講師だったドイツ人グルデントに教えを受け、スウェーデン文学に出会いセルマ・ラーゲルレーヴの作品に感銘を受け、『Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige (ニルス・ホルゲションの素晴らしきスウェーデン旅行)』第1部のスウェーデン語原書を邦訳し1918年大正7年)に大日本図書から『飛行一寸法師』の名で刊行した。これは『ニルスのふしぎな旅』の初邦訳とされる。

1919年7月、大蔵省臨時調査局金融部嘱託となり欧米諸国の財政調査に当たった。1923年に伊藤八重と結婚した。

1938年昭和13年)、50歳で大蔵省を辞し「満州国」に単身赴き満州国国務院に入り、大同学院で教鞭を執った後、新京法政大学教授となる。仕事の合間に満州各地を調査し1940年ダイヤモンド社から『満洲で働く日本人』を刊行した。1941年1月、帰国し東京府北多摩郡立川町の自宅に戻り国務院企画処嘱託・東京在勤となる。

1944年2月、大蔵省に戻り外資局嘱託となる。第二次世界大戦後の1946年4月に主計局、1949年に理財局に移った。 学陽書房から自訳の『ニルスのふしぎな旅』を新たに刊行。1950年7月、国立国会図書館参事となり、国際業務部外国資料課長となった。1951年8月末に国立国会図書館参事を辞し開国百年記念文化事業会理事となり、『明治文化史』、『日米交渉史』の刊行を図った。1957年5月に大蔵省から防衛庁に移り軍事関連の文献の翻訳に従事した。また、1957年から1960年まで日本ラゲルレフ会を組織した。

死後1982年偕成社から『ニルスのふしぎな旅』の完訳が全4巻で刊行された。

著書[編集]

  • 『満洲で働く日本人』ダイヤモンド社 1941
  • 『明治文化史 第10巻 趣味娯楽編 開国百年記念文化事業会』洋々社 1955
  • 『北の光-セルマ・ラーゲルレーヴ』香川節(瑞典文庫)1979

翻訳[編集]

  • ヰリアム・ヂエイムス『自我と意識』福来友吉共訳 弘学館書店 1917
  • セルマ・ラーゲルレーヴ『飛行一寸法師』大日本図書 1918
  • ラーゲルレフ『ニルスのふしぎな旅行』講談社 1954
  • ラーゲルレーフ『ニルス・ホルゲルソンの不思議なスウェーデン旅行』ノーベル賞文学全集 主婦の友社 1971
  • ラーゲルレーヴ『ニルスのふしぎな旅』全4冊 香川節共訳 偕成社文庫 1982

参考文献[編集]

  • 香川節「父香川鉄蔵のこと」 『植民地文化研究』第2号、植民地文化研究会、2003年

関連文献[編集]

  • 香川鉄蔵先生追悼集刊行会『香川鉄蔵』 1971年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]