飯野守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飯野 守(いいの まもる)は、日本法学者。専門は憲法情報法文教大学情報学部広報学科教授。学位は修士(法学)(青山学院大学)。

学歴[編集]

職歴[編集]

主な所属学会

主な研究業績[編集]

  • 「名誉毀損法と修正第一条-最近のアメリカ連邦最高裁の判例を中心として」(『青山法学論集』、1987年) 大学・研究所等紀要
  • 「戦後判例にみるマスメディアと法-表現の自由理論と人格権をめぐって」(『新聞学評論』、、1989年) 学術雑誌
  • 「わいせつ裁判の行方-アメリカ連邦最高裁判例にみる「社会的価値」判断」(『青山法学論集』、1991年) 大学・研究所等紀要
  • 「ブレナン連邦最高裁判事の表現権理論-アメリカにおける表現の自由理論展開の一側面」(『青山法学論集』 、1993年) 大学・研究所等紀要
  • 「情報公開の論点-「知る権利」論を中心に」(『文教大学女子短期大学部研究紀要』、1998年) 大学・研究所等紀要
  • 「サイバースペースにおける表現の自由とプロバイダーの法的責任-アメリカの判例を中心に」( 『文教大学女子短期大学部研究紀要』、2000年)大学・研究所等紀要

著書[編集]

  • 『「いん行」ないし「みだらな性行為」の処罰規定』 (三省堂 清水英夫・秋吉健次編『青少年条例 自由と規制の争点』所収、1992年)

外部リンク[編集]