飯島魁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯島 魁
Isao Iijima, Professor of Zoology.jpg
生誕 1861年7月24日文久元年6月17日
日本の旗 日本
死没 (1921-03-14) 1921年3月14日(59歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 動物学魚類学
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝

飯島 魁(いいじま いさお、文久元年6月17日1861年7月24日) - 大正10年(1921年3月14日)は明治・大正期の動物学者、魚類学者海綿の研究と、寄生虫に関する研究が多く、日本動物学の前進に大きな役割を果たした。

日本鳥学会を創設し、1912年から1921年まで初代会長に就任。また、豪快な性格で、長さ10mに達するミゾサナダムシ幼虫を自ら飲んで、ミゾサナダムシの感染経路を明らかにしたエピソードでも知られる[1]

経歴[編集]

栄典[編集]

業績・研究[編集]

寄生昆虫類を研究し、その感染経路を明らかにする。また1918年大正7年)に1000頁を超える「動物学提要」を著す。これは明治・大正期の動物学を総括したもので、長く必読の教科書とされ、日本における動物学の普及に貢献した。日本における水族館の発展にも貢献している。考古学にも興味を持っており、モースの大森貝塚の発掘に参加した。また、1879年明治12年)、佐々木忠次郎とともに陸平貝塚を発掘調査をして、大森貝塚とは異なる縄文土器の存在を明らかにした。日本鳥学会を創設し、初代会長をつとめるなど、日本における近代的鳥類学の指導者でもあった。

献名された種[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 筑波常治文章著『万有百科大事典 20 動物』(小学館、1974年)
  2. ^ 日本学士院 2008
  3. ^ 日本鳥学会はこうして生まれた[1]
  4. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  5. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  6. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  7. ^ 『官報』第311号「叙任及辞令」1913年8月12日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』第2522号「叙任及辞令」1920年12月27日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]