食道楽 (村井弦斎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

食道楽』(くいどうらく)は、村井弦斎小説。また、同小説から派生した同名の演劇作品。

概説[編集]

1903年(明治36年)1月から1年間、報知新聞に連載され、大人気を博したことで単行本として刊行されると、それが空前の大ベストセラーになった[1]文学史的にも評価が高く、村井弦斎の代表作とされている。翌1904年にかけて続編を含めた8冊が刊行された。

食道楽をテーマにした物語であり、ヒロインの お登和(おとわ) が料理をつくり、それについての薀蓄を語る。春・夏・秋・冬の4部に分けられており、登場する料理食材中華など、実に六百数十種類に及ぶという奇書で読者を驚かせた。例えば、シチュー牡蠣フライワッフル肉まんオムライスケチャップライス、プリンロールケーキのように現在はごく一般的となったものから、牛の脳味噌料理、腎臓料理、イチゴライスなど、今も日本ではなじみの薄い料理、さらには奉天汁など消滅したと思われる料理も含まれている。また、調理のこつ、栄養、安全から食育にいたるまで、食に関連する話題が広く収められている。

当時、この書の影響を受けて『食道楽』という雑誌が創刊されたり、ヒロインの「お登和」という名前をつけた料理屋が開店したりするなど、日本で一大食道楽ブームが巻き起こった[2]

また、歌舞伎座で村井弦斎の脚本による同名の演劇作品も上演された[2]

「食道楽」の読み[編集]

小説発表当時は「くいどうらく」とされていた[3]が、のちには「しょくどうらく」とも呼ばれるようになった。[4]

『食道楽』の表紙の書名にルビはないが、「秋の巻」「第二百六十 食道楽会」という章には「くひだうらくくわい」とルビがふられている[5]

脚注[編集]

  1. ^ (竹内景子 2016)
  2. ^ a b 黒岩比佐子『『食道楽』の人村井弦斎』岩波書店 2004年 ISBN 4000233947
  3. ^ 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー 食道楽. 春の巻で「詳細レコード表示にする」をクリック =>''タイトルよみ (titleTranscription)    クイドウラク''、世界大百科事典 第2版の解説(Kotobank) => ''くいどうらく【食道楽】  '' 2014年2月15日閲覧
  4. ^ 『食道楽』解説 柴田書店インターリンク 2014年2月15日閲覧
  5. ^ 国立国会図書館近代デジタルライブラリー『食道楽』 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/886115/150

参考文献[編集]

  • 村井弦斎『食道楽(上)』岩波文庫、2005年、ISBN 4003117514
  • 村井弦斎『食道楽(下)』岩波文庫、2005年、ISBN 4003117522
  • 竹内景子「食道楽 しょくどうらく 「食」を追求し続けた弦斎の姿勢とその答え」、『そう: 東三河&西遠・西三河・南信応援誌』第52号、春夏秋冬叢書2016年、 46-50頁。

外部リンク [編集]

国会図書館収載
  1. 春の巻
  2. 夏の巻
  3. 秋の巻 
  4. 續篇春の巻
  5. 續篇夏の巻
  6. 續篇秋の巻
  7. 續篇冬の巻
  8. 脚本阿古屋及食道楽
柴田書店イータリンク株式会社柴田書店復刻書ライブラリー
  1. 春の巻
  2. 夏の巻
  3. 秋の巻
  4. 冬の巻
青空文庫収載