風来忍法帖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
風来忍法帖
著者 山田風太郎
発行日 1964年
ジャンル 時代小説
前作 信玄忍法帖
次作 柳生忍法帖
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

風来忍法帖』(ふうらいにんぽうちょう)は、山田風太郎の時代小説。1964年に発表された忍法帖シリーズの1つ。忍法帖シリーズ第9長編。『週刊大衆』に昭和38年(1963年)3月16日号から12月26日号まで連載された。主人公側が「忍法の素人が複数」という設定の最初の作品である。

1965年に同名で映画化された。

登場人物[編集]

香具師(やし)たち[編集]

  • 悪源太助平(あくげんたすけひら) - 香具師たちのリーダー格。槍投げの名人。
  • 七郎義経(しちろうよしつね) - 気取り屋の優男。サブリーダー的存在。
  • 弁慶(べんけい) - 大入道の巨漢。怪力の持ち主。
  • 陣虚兵衛(じんきょへえ) - 顔色の悪いやせこけた男。遠目がききスリの達人である。
  • 夜狩りのとろ盛(よがりのとろもり) - ひょうたんみたいな顔、哀れっぽい、脳天から声を出す男。
  • 昼寝睾丸斎(ひるねこうがんさい) - 軍学者めいたどじょうひげの男。香具師たちの参謀。
  • 馬左衛門(うまざえもん) - 馬面の巨根男。

風摩組忍者[編集]

  • 風摩小太郎(ふうま こたろう) - 北条家の乱波・風摩組の頭領
  • 戸来刑四郎(へらい けいしろう) - 風摩組忍者        
  • 御巫燐馬(みかなぎ りんま) - 同じく風摩組忍者
  • 累破蓮斎(かさね はれんさい) - 同上

風摩組くノ一[編集]

  • お雁(おかり) - 風摩組くノ一のリーダー格。
  • お燕(おえん) - 風摩組くノ一
  • お鶴(おつる) - 同じく風摩組くノ一
  • お鳶(おとび) - 同上
  • お鷺(おさぎ) - 同上
  • お雉(おきじ) - 同上

伊賀忍者[編集]

  • 服部半蔵 - 伊賀組の頭領。初代半蔵。
  • 青歯助十郎(あおば すけじゅうろう) - 伊賀忍者。

その他[編集]

  • 麻也姫(まやひめ) - 太田資房の妹。太田三楽斎の孫。
  • 太田三楽斎(おおた さんらくさい) - 太田道灌の曾孫。65歳。
  • 太田源五郎資房(おおた げんごろう すけふさ) - 武州岩槻城主。太田三楽斎の孫。

登場する忍法[編集]

  • 忍法風閂(かぜかんぬき) - 髪の毛を使い、人間の体を切り刻む。
  • 忍法砂鋳形(すないがた) - に女性の全身の形を取って、その上に自分の体を合わせるとそっくりに変身する。
  • 忍法忍びの水月(しのびのすいげつ)- 掌から出る粘液を壁や柱に塗り状態に変える[1]
  • 忍法落花もどし(らっかもどし)- 切断された自分の肉体を元通りにつなぐ。
  • 忍法蝙蝠(こうもり) - 天井に足を密着、逆さのまま刀を振るい、落下して襲撃する[2]
  • 忍法恋さみだれ(こいさみだれ) - 粘着力の強い糸を投げ、相手の体に貼り付くと激痛が走る。
  • 忍法風琴水琴(ふうきんすいきん) - 髪の毛を張って侵入者がそれに触れると、微弱な警戒音が発生する。
  • 忍法子宮針(こつぼばり) - 子宮に針を仕込んでおき、性交時に男根を刺す。
  • 忍法通し矢の眼(とおしやのめ) - 物体が透き通って見える。
  • 忍法扇針(おうぎばり) - 両手の指の間に長い針をはさみ、突いたり投げたりする。
  • 忍法針鼠(はりねずみ) - 無数の柳葉刀を操り、相手の肉体を穴だらけにする。

書誌情報[編集]

映画[編集]

風来忍法帖
監督 川崎徹広
脚本 関沢新一
原作 山田風太郎
製作 田中友幸武中孝一
出演者 渥美清
佐藤允
佐々十郎
音楽 広瀬健次郎
撮影 飯村正
編集 藤井良平
製作会社 宝塚映画
配給 東宝
公開 日本の旗1965年5月16日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 風来忍法帖 八方破れ
テンプレートを表示

本作を原作とする映画が、1965年5月16日東宝系で公開された。カラー、宝塚映画製作、東宝スコープ、85分。

なお1968年には、続編『風来忍法帖 八方破れ』が公開されている。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

『最後の審判』

脚注[編集]

  1. ^ 忍者月影抄』の忍法鏡地獄と同じ。
  2. ^ 江戸忍法帖』の忍法むささび落としと同じ。