韋世康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

韋 世康(い せいこう、531年 - 597年)は、中国西魏からにかけての政治家本貫京兆郡杜陵県。弟は韋洸韋瓘韋芸韋沖韋約

経歴[編集]

韋敻(韋孝寛の兄)の子として生まれた。10歳のとき、州に召されて主簿となった。西魏に仕えて、弱冠にして直寝となり、漢安県公に封じられた。元宝炬の娘の襄楽公主を妻に迎え、儀同三司の位を受けた。北周に入ると、典祠下大夫となり、沔州刺史硤州刺史を歴任した。北周の武帝北斉を滅ぼすと、世康を司州総管長史に任じた。1年あまりして、世康は入朝して民部中大夫となり、位は上開府に進み、司会中大夫に転じた。

大象2年(580年)、尉遅迥が乱を起こすと、楊堅(後の隋の文帝)は汾州絳州の防備を心配して世康を絳州刺史に任じた。隋の開皇元年(581年)2月、世康は礼部尚書となった。まもなく爵位は上庸郡公に進んだ。12月、吏部尚書に転じた。4年(584年)、母の喪に服すため辞職した。服喪が終わらないうちに文帝に復帰を命じられ、強く辞退したが文帝の許しを得られず、吏部の職務に復帰した。7年(587年)、南朝陳に対する征討に先だって襄州刺史に任じられた。9年(589年)2月、安州総管となった。閏月、信州総管に転じた。13年(593年)1月、入朝して再び吏部尚書に任じられた。15年(595年)10月、荊州総管として出された。17年(597年)8月、荊州で死去した。享年は67。大将軍の位を追贈された。は文といった。

子女[編集]

  • 韋福子(司隸別駕)
  • 韋福嗣(内史舎人、後に罪を受けて左遷された。楊玄感の乱のとき衛玄の下で洛陽城北で戦い、玄感に捕らえられた。玄感のために書いた檄文の内容を煬帝に憎まれ、高陽で車裂された)
  • 韋福奨(通事舎人、楊玄感の乱で戦没した)

伝記資料[編集]