青鳥城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

青鳥城(おおどりじょう)とは、武蔵国比企郡石橋村(現在の埼玉県東松山市大字石橋)にあった日本の城。県指定史跡。

立地・構造[編集]

  • 比企丘陵岩殿丘陵に挟まれた東松山台地上にあり、城の南方1kmには都幾川が流れている。
  • 構造は城の南端に一辺約100mの方形の本郭があり、それを取り囲むように北に二の郭・三の郭が広がる。城全体の規模は東西約700m、南北約400mであり、中世城郭としては巨大なものである。

歴史・沿革[編集]

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 福島正義、「青鳥城跡」、東松山市市史編さん課編 『東松山市史 資料編 第1巻(原始古代・中世 遺跡・遺構・遺物編)』 東松山市、1981年、357-360頁。 

関連項目[編集]