青木外志夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木外志夫
生誕 1921年1月8日
死没 (2006-09-06) 2006年9月6日(85歳没)
研究分野 経済地理学経済政策
影響を
与えた人物
水岡不二雄
テンプレートを表示

青木 外志夫(あおき としお、1921年1月8日 - 2006年9月6日 )は、日本経済学者一橋大学名誉教授、元経済地理学会会長。

来歴・人物[編集]

滋賀県生まれ。滋賀県立彦根中学校(現滋賀県立彦根東高等学校)を経て、1941年彦根高等商業学校(現滋賀大学経済学部)卒業。同年東京商科大学(現一橋大学)に進学するも、1943年12月学徒出陣により歩兵第一五一連隊に応召。1944年半年繰上げで卒業となる。1945年9月に歩兵第四四三連隊より復員し、1949年東京商科大学研究科に特別研究生として入学。1954年同研究科を修了後、一橋大学経済学部助手、専任講師、助教授を経て、1965年に教授昇任。この間、福島大学経済学部等でも教鞭を執る。1971年からは経済学部長・大学院経済学研究科長を務めた。1984年に同大学を退官。同年一橋大学名誉教授の称号を受ける。退官後は東京国際大学の教授に就任。2006年9月肺癌により東京都杉並区の病院にて死去[1]。享年85。

学外においても、通商産業省工業立地適正化調査員、日本学術会議経済学研究連絡委員、日本経済学会連合評議員、経済審議会臨時委員、経済地理学会会長、日本立地センター顧問等を歴任した。

年譜[編集]

  • 1921年 - 滋賀県犬上郡彦根町にて出生
  • 1938年 - 滋賀県立彦根中学校卒業
  • 1941年 - 彦根高等商業学校卒業
  • 1943年 - 学徒動員
  • 1944年 - 東京商科大学卒業(半年繰上げ)
  • 1945年 - 復員
  • 1949年 - 東京商科大学研究科入学(特別研究生)
  • 1954年 - 東京商科大学研究科修了
  • 1954年 - 一橋大学経済学部助手
  • 1956年 - 一橋大学経済学部専任講師
  • 1961年 - 一橋大学経済学部助教授
  • 1965年 - 一橋大学経済学部教授
  • 1971年 - 一橋大学経済学部長・大学院経済学研究科長
  • 1984年 - 一橋大学名誉教授
  • 2006年 - 肺癌により死去

脚注[編集]

  1. ^ 青木外志夫氏死去 一橋大名誉教授

関連項目[編集]

外部リンク[編集]