難波王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

難波王(なにわ の おおきみ、生没年不詳)は、飛鳥時代皇族位階は浄広肆。

経歴[編集]

上宮記』逸文(『聖徳太子平氏伝雑勘文』所引)・『本朝皇胤紹運録』によると、山背大兄王の子に「難波王」(『上宮聖徳法王帝説』では「難波麻呂古王」)がおり、同一人物ではないか、とも言われている。

日本書紀』巻第二十九によると、天武天皇14年(683年)9月に、天皇は宮処王、広瀬王、難波王、竹田王弥努王を京と畿内に遣わして、人夫の兵(武器)を校閲させた[1]。これは前年の閏4月に、「来年の9月に必ず閲せむ。因りて百寮の進止(ふるまい)・威儀(よそおい)を教へよ」という詔を出し[2]、それを実施したものである。その数日後、天武天皇は大安殿で王卿らとともに博戯(双六などの賭け事)をして遊んだが、このメンバーの中に難波王がおり、宮処王・竹田王・三国真人友足・県犬養宿禰大侶大伴宿禰御行境部宿禰石積多朝臣品治采女朝臣竹羅藤原朝臣大嶋とともに、天皇から御衣袴(おおみそおおみはかま=お召し物と袴)を与えられている[3]

『書紀』巻第三十によると、持統天皇6年(692年)5月、天皇の命により、藤原宮の地鎮祭を行っている[4]。この時の位階が浄広肆である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本書紀』天武天皇下 14年9月11日条
  2. ^ 『日本書紀』天武天皇下 13年閏4月5日条
  3. ^ 『日本書紀』天武天皇下 14年9月18日条
  4. ^ 『日本書紀』持統天皇6年5月23日条

参考文献[編集]

関連項目[編集]