阿武山 (広島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿武山
阿武山 - panoramio (1).jpg
標高 586.4 m
所在地 日本の旗 日本
広島市安佐北区安佐南区
位置 北緯34度29分32秒
東経132度29分12秒
座標: 北緯34度29分32秒 東経132度29分12秒
阿武山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

阿武山(あぶさん)は、広島市安佐北区安佐南区にまたがる山である。北から時計回りに半円を描くように麓を太田川が南流する。

2層の地質からなり、下部が浸食が進みやすく風化しやすい後期白亜紀花崗岩、上部山頂付近が中期-後期ジュラ紀の硬い岩石で構成されている[1] [2]

中腹に棲む大蛇が人里に下りてきて害を与えていたが、戦国時代武将香川勝雄が1532年2月27日にこれを退治した、との「蛇王池物語」が伝わっており[3]、山頂付近に水神を祀る貴船神社の祠もある。ハイキングコースが整備されている[4]

  • 古墳、遺跡群などが多数確認されている[5][6]

2014年8月の広島市の土砂災害では、幾筋もの土石流が発生し、山裾に広がる住宅地に甚大な被害をもたらした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島土砂被災の八木地区 地質2層、急峻な山に”. 日本経済新聞 (2014年8月28日). 2014年8月28日閲覧。
  2. ^ 地理地殻活動研究センター 地理情報解析研究室 平成26年8月21日 (PDF)
  3. ^ 広島市ホームページ > 八木ルートの概要
  4. ^ 広島市ホームページ > 権現山~阿武山~太田川ハイキングコース
  5. ^ 別所古墳発掘調査報告書・2010・財団法人・広島文化財団
  6. ^ 広島県遺跡地図
  7. ^ 近世の城郭立地に関する風水思想からの考察・岡山大学大学院社会文化科学研究科・曽我とも子

関連項目[編集]