闇鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
闇鍋
Yaminabe.JPG
料理店の看板に「やみ鍋」
テンプレートを表示

闇鍋(やみなべ)とは、それぞれ自分以外には不明な材料を複数人で持ち寄り、暗中で調理して食べる鍋料理。通常では鍋料理には用いない食材が利用される事が多い。食事を目的とした料理というよりは遊び、イベントとしての色彩が濃い。基本的に一度自身の皿に取った物は食べなければならない[1]

歴史[編集]

平安時代の宮廷社会において、参加者が各々1品料理を持参する「一種物(いっすもの)」と呼ばれる持ち寄りの宴会がしばしば催された。この習慣は室町時代には庶民にも広がり、「各出(かくせつ)」とも呼ばれた。現在でもこの種の宴会は地方によってはこう呼ばれる。

同時期に亭主が出汁を用意し、の参加者が具材を持ち寄る「一寸物」あるいは「汁講」(汁会、単に汁ともいう)が開かれ始める。京都の年中行事を記録した『日次紀事』(1676)によれば、近所の連帯を強める目的で開かれる連絡会のような催しだった。しかし、次第にこの催しも饗宴の楽しみを帯びてゆく[2]

明治時代に入り「闇汁」(やみじる)と呼ばれる宴会形式が始まる。方法は上述の闇鍋と同様だが、真面目な人はそれなりに食べられるものを入れた。中には草鞋が入っていたという伝説もある[3]正岡子規をはじめとするホトトギスのメンバーが行った闇汁の記録が『闇汁図解』[4]として遺されている[5]内藤鳴雪の旧藩で若いものが時々したものから名を取ったもので[6]、旧藩で行われていた闇汁とは、闇の夜に野外の小川でを打ち、かかったものを見ずにそのまま鍋に入れて食べる度胸試しだった。「闇夜汁」(やみのよじる)とも[7]津市では、潮汐に合わせて沖に網を張り、取り残された魚を捕る楯干しという行事が戦後しばらくまで続き、ハソリと呼ばれる大鍋で野菜と一緒に煮込んだ「闇鍋」(やみなべ)が振舞われた[8]

派生的な語法[編集]

本来の意味から転じて、なんでもありの状態を、闇鍋と称することがある。使用例としては、闇鍋音楽祭、闇鍋風カレー、などである。

脚注[編集]

  1. ^ 池上彰 2009, p. 20.
  2. ^ 原田信男 2008, p. 227.
  3. ^ 鈴木晋一 『たべもの噺』 平凡社、1986年、pp153-158
  4. ^ 正岡子規『子規遺稿. 第2編 子規小品文集』NDLJP:871907/37
  5. ^ 正岡子規 1899
  6. ^ 内藤鳴雪 2002
  7. ^ 上田万年 & 松井簡治 1915, p. 1275.
  8. ^ 大川吉崇 2018, p. 202.

関連項目[編集]

参考文献[編集]