関谷直也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関谷 直也(せきや なおや、1975年7月27日 - )は、日本社会心理学者防災研究者、広報研究者。東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター特任准教授。弓道五段。

略歴・人物[編集]

研究分野[編集]

災害情報・災害心理の研究者。風評被害原子力事故の社会心理学的な研究。環境メディア、「日本人の安全観」の研究。

週刊ニュース深読みクローズアップ現代ニュース探究ラジオ Digなどメディア出演多数。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『コミュニケーション論をつかむ』(2014)有斐閣辻大介是永論との共著)
  • 『大震災後の社会学』(2011)講談社現代新書(遠藤薫らとの共著)  
  • 『防災の心理学』(2009)東信堂(遠藤薫らとの共著)  
  • 『災害情報論入門』(2008)弘文堂(田中淳・吉井博明らとの共著)  
  • 『災害危機管理論』(2008)弘文堂(吉井博明・田中淳らとの共著)
  • 『災害社会学入門』(2007)弘文堂(大矢根淳・浦野正樹・田中淳・吉井博明らとの共著)

連載[編集]

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]