関藍梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関 藍梁(せき らんりょう、文化2年4月7日1805年5月5日) - 文久3年8月16日1863年9月28日))は、近江国高島郡東万木村(現滋賀県高島市安曇川町青柳)出身の膳所藩の江戸藩邸詰めの儒者。名は研、通称は研次。藍梁は号。13歳のとき江戸に下り、昌平黌に入る。また市河米庵にも師事した。

ペリー来航時、幕府の儒者・林大学頭(林復斎)に随行し応接にあたる。

墓所[編集]

関連項目[編集]