漢詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
漢詩人から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢詩(かんし)とは、中国の伝統的な韻文における文体の一つ。狭義には後漢時代に確立した中国の国家芸術としての詩のこと。中華文明の伝来に伴い、8世紀から日本でも詠まれた。

漢詩の歴史[編集]

漢詩の原型は周の時代であり、五経の1つである中国最古の詩編『詩経』300余編の作品は最も古い形の漢詩である[1]。『詩経』には毎句3字~9字の多様な形式が収められ、この形式を発展させたのがの時代の『楚辞』である[1]。『楚辞』のの形式内容は代の楽府の発生を促した[1]。漢代の楽府には、民間で流行した歌謡と文人の創作による歌謡の二系統があり、郊廟歌・鼓水歌・相和歌に分類される[1]。句の長短が不揃いのものは雑言詩と呼ばれる。また、魏以前に散逸した古い楽府の表題に新たな音節を加えた擬古楽府が生まれた[1]。後に、楽府の声律を定格化し、五字および七字を一句とする詩が生まれた[1]高祖の大風歌が七言詩の先鞭とされる[1]

五・七言詩は三国時代の武帝曹操、文帝曹丕建安曹植阮籍、三張(張載張協張亢)、二陸(陸機陸雲)、両潘(潘岳潘尼)を経て、老荘的な自然主義の謝霊雲や山水派の陶淵明に継承された[1]。この頃、沈約や竟陵派の王融による声律研究が行われ、上宮体・四傑体と称する駢麗体の詩風が生まれた[1]。こういった詩は沈佺期や宋之問といった近体の声律の基礎となり、近体詩(律詩・絶句)は盛唐の李白・杜甫によって完成された[1]。一方、散文的手法を求めた険怪派の韓愈などは通俗性と写実性を求め、晩唐の白居易のような功利派の詩を生み出した[1]。白楽天の新楽府は、李賀などの唯美派の作風に影響を及ぼした[1]

唐代の詩のことを唐詩と呼び、唐詩を更に初唐・盛唐・中唐・晩唐と区分けされるようになった[2]。特に盛唐の李白・杜甫の詩は後世「詩は必ず盛唐」と呼ばれるように、模範とされた[要出典]。日本の江戸時代に流行した唐詩選や、中国清代に流行した唐詩三百首等、唐詩の傑作選は広く東アジアで読まれている[要出典]

神宗の元祐年間になると漢詩が流行し、江西派・南渡派が出現したが、詩よりも詞が流行した[1]。李中主と李後主によって開かれた文運を受けて、北宋では晏殊欧陽脩黄庭堅蘇東坡などが出現し、南宋では詞に散文的要素が加わり、辛稼軒などの通俗派の詞が生じた[1]

の時代に入ると、高啓などの北郭の十子、唐粛らの会稽の二粛、趙介など南園の五子、林鴻らの十子、前七子・後七子などが出て、復古主義を主張した[1]。特に、王世貞の復古的作風は文壇の主流となった[1]

の時代に入ると、江左の三家(銭謙益呉偉業襲鼎孳)に続いて、神韻派(王漁洋)・浙西派・格調派(沈徳潜)・性霊派(袁随園)の詩人が登場した[1]

現代中国でも漢詩人は少なからずおり、魯迅毛沢東等、日本の市販の漢詩集にも採られている詩人は多い[要出典]

漢詩の形式[編集]

古体詩 唐以前に作られた漢詩の全てと唐以後に作られた古い形式の漢詩で、古体詩には明確な定型がなく句法平仄韻律は自由である。
近体詩 唐以後に定められた新しいスタイルに則って詠まれた漢詩で、句法平仄韻律平水韻)に厳格なルールが存在する。
句数・1句の字数から五言絶句・七言絶句・五言律詩・七言律詩・五言排律・七言排律に分類される。

日本の漢詩[編集]

漢詩は中国文学の中で生まれたが、中華文明の伝来に伴い日本でも作られるようになった。

751年には日本におけるごく初期の漢詩集として『懐風藻』が編纂された。9世紀には、814年凌雲集818年文華秀麗集827年経国集』と三つの勅撰集が編まれた。その後905年に『古今和歌集』が編纂されるまで、和歌日本文学の中で漢詩と対等な位置を得られなかった。平安時代の物語などでは、「詩」と単に書けば漢詩を意味し、「からうた」という訓がつけられた。その後も漢詩文の影響は強く、『和漢朗詠集』にも数多く作品が収められている白居易は特に好まれた。平安期の代表詩人には、空海島田忠臣菅原道真らがいる。

その後、鎌倉・室町期には、禅林に「五山文学」が花開いた。代表詩人には義堂周信絶海中津があり、一休宗純には『狂雲集』がある。

日本漢詩の頂点は、江戸期から明治初期にかけての時期であり、朱子学を背景に「文人」と呼ばれる詩人たちを多く輩出した。江戸前期の石川丈山元政(日政)らの後、江戸中期には荻生徂徠の門人たちが派手な唐詩風で活躍し、江戸後期には菅茶山らの落ち着いた宋詩風が愛された。また、頼山陽の詩は今日も広く詩吟として愛吟されている。幕末には島津久光伊達宗賢などが名人として知られている。20世紀以降は急速に衰退したが、大正天皇夏目漱石森鷗外中島敦ら漢学教育を受けた文化人は漢詩をたしなんだ。

現在でも自作の漢詩集を著している陳舜臣等、漢詩創作の愛好家は存在しており、月刊誌大法輪では読者の投稿した漢詩が毎号掲載されている。また、自らは創らないのものの、書道の世界では、漢詩は読むもの・見るものとして基礎的な教養の一部となっている。また、学校教育でも、漢詩にふれることが多い。

ただし、明治期以降に日本で創作された漢詩は中国語での発音を考慮していないため、韻律が本場中国の基準からすると破格であり(中国語発音で漢詩を吟じると響きがよくない)、漢詩として評価されないものが多いと言われる。これは、江戸期以前、漢詩を学ぶということは、当然に漢字毎の音韻を学び、漢詩の平仄にあった作詩をすることであったのに対して(中国語音ではなくとも、日本語音でも、本来の漢詩のリズムを味わうことができるよう、工夫されたものが字音仮名遣いである)、明治期以降の日本の漢文学習では、日常の使用と無関係になった音韻の学習が軽視され、訓読が重視されたことが原因である。しかしながら夏目漱石の漢文は中国語で吟じられても美しいとされ、それを録音したCDが販売された事もある。

韓国、越南(ベトナム)の漢詩[編集]

朝鮮ベトナム(越南)でも、日本同様中華文明の伝来と共に漢詩が作られた。しかし近代に至り、朝鮮、ベトナムで漢字が廃止されたため、一般民衆への漢字の浸透が弱まり、漢詩文学の伝統は大きな危機にさらされている。

越南語は、声調と反り舌音を有しているため、中古音の音韻体系を朝鮮語や日本語よりも正確に移入できた面がある。古典中国語を越南漢字音で直読しても意味が通るのは、南方漢語と共通する。これは声調も反り舌音もない日本や朝鮮の漢字音では不可能なことであった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 日本古典文学大辞典編集員会 『日本古典文学大辞典第2巻』 岩波書店、1984年1月、63-64頁。 
  2. ^ 興膳宏編 『中国文学を学ぶ人のために』 世界思想社、1991年3月、78頁。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]