間宮厚司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

間宮 厚司(まみや あつし、1960年8月7日 ‐ )は、日本日本語学者法政大学文学部教授。専門は日本古典語学

略歴[編集]

東京都生まれ。学習院高等科から学習院大学文学部に進み、同大学院博士前期課程を修了し、博士後期課程中退後、鶴見大学文学部専任講師、助教授を経て、法政大学教授。文学博士。

1990年「『おもろさうし』の係り結びについて」で第12回沖縄文化協会賞(言語学部門)受賞。 大学~大学院時代を通じての師は、大野晋である。将棋ウォーキングが趣味である。

単著[編集]

  • 『万葉難訓歌の研究』(法政大学出版局、2001年)
  • 『万葉集の歌を推理する』(文春新書、2003年)
  • 『おもろさうしの言語』(笠間書院、2005年)
  • 『沖縄古語の深層』(森話社、2008年)
  • 『万葉異説』(森話社、2011年)

編著[編集]

  • 『高村光太郎新出書簡 大正期 田村松魚宛』(笠間書院、2006年)

関連項目[編集]