長延寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長延寺
Choenji temple wada suginami 2015.jpg
所在地 東京都杉並区和田一丁目44番24号
山号 萬昌山(ばんしょうざん)
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦如来
創建年 文禄3年(1596年)
開山 喚英長応
開基 成瀬正成、今川直房
正式名 萬昌山長延寺
別称 ぼたもち寺
テンプレートを表示

長延寺(ちょうえんじ)は、東京都杉並区和田一丁目にある曹洞宗寺院。山号は萬昌山(ばんしょうざん)。

かつては江戸市ヶ谷に所在した寺で、旧地には市谷長延寺町という地名が残る。境内に「ぼたもち地蔵」があり、「ぼたもち寺」の別称がある。

歴史[編集]

文禄3年(1596年)、江戸市谷に創建。実質的な開山者は笑岩長闇である。

笑岩長闇は徳川家康が浜松で帰依していた僧で、江戸入りの際に伴われた。笑岩長闇は師の喚英長応上野国長年寺10世)を当寺の開山とし、自らを2世と位置づけた。

開基は当初成瀬正成(犬山城主)とされていたが、その後成瀬氏は檀家を離れた。寛文元年(1661年)、今川直房(範英)を当寺に葬ったのを機に、今川直房を開基として改めた。以後、今川氏菩提寺となり、歴代当主の葬地となった[1]

明治42年(1909年)、現在地に移転。

施設・史跡[編集]

  • 牡丹餅地蔵
次のような伝承から、子授け・子育ての信仰を集める。
寺が市ヶ谷にあったころ、門前の桶屋の夫婦が地蔵に願掛けをしたところ、子を授かった。しかし、母子は産後の肥立ちが悪く危険な状態にあった。父が再び願掛けをすると、地蔵は小僧に姿を変えて牡丹餅を与えた。この牡丹餅を食べた母は回復して乳の出もよくなり、子も元気に育ったという。

アクセス[編集]

[編集]

  1. ^ 今川家歴代の墓石は移転時に行方不明になったらしく、現在今川氏の墓石は2基のみが確認できる。

関連項目[編集]