長岡龍作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長岡 龍作(ながおか りゅうさく、1960年3月5日 - )は、日本美術史学者東北大学教授仏像を研究。

来歴[編集]

長岡新吉の長男として青森県に生まれる。東北大学文学部卒業、同大学院博士課程中退。同大学文学部助手東京国立文化財研究所主任研究官、東北大学文学研究科助教授、教授。1995年國華賞受賞。

著書[編集]

  • 『日本の仏像 飛鳥・白鳳・天平の祈りと美』中公新書、2009
  • 『仏像 祈りと風景』日本文化私の最新講義 敬文舎、2014

編集[編集]

  • 『極美の国宝仏 国宝広隆寺の仏像』全6冊 松島健監修 責任編集 同朋舎メディアプラン、2002
  • 『講座日本美術史 第4巻 造形の場』編 東京大学出版会、2005
  • 『日本美術全集 2 法隆寺と奈良の寺院 飛鳥・奈良時代 1』責任編集 小学館、2012
  • 『機能論 つくる・つかう・つたえる』編 竹林舎 仏教美術論集、2014

関連項目[編集]

参考[編集]