鍬台トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鍬台トンネル
概要
路線 リアス線[注釈 1]
位置 岩手県大船渡市 - 釜石市
現況 供用中
起点 岩手県大船渡市
終点 岩手県釜石市
運用
所有 三陸鉄道
技術情報
全長 3,906 m[1]
軌間 1,067 mm
電化の有無
テンプレートを表示

鍬台トンネル(くわだいトンネル)は、岩手県大船渡市釜石市の間にある三陸鉄道リアス線[注釈 1]トンネルである。

概要[編集]

吉浜駅 - 唐丹駅間にある。全長は3,906m[1]

奇跡の車両[編集]

2011年平成23年)3月11日、乗客2人を乗せた釜石行き列車(36-100形1両[2])が[1]、当トンネルを走行中に東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生し、南リアス線運行本部からの無線を受け当トンネル内で緊急停車した[3]。その後、当トンネルと熊木トンネルの間で熊野川に架かる荒川橋梁が、津波により崩落した。三陸鉄道の運行本部長によると「もう少し進んでも遅れてもだめだった」といい、この列車は「奇跡の車両」と呼ばれている。なお、南リアス線で被災を免れたのはこの「奇跡の車両」のみである[3][注釈 2]運転士と乗客は停車から2時間後に約1.5km[4]を歩いて吉浜駅側に脱出し、「奇跡の車両」は6月24日、地震発生当時運転していた運転士の運転により、トンネルから脱出した[1]

「奇跡の車両」は2013年(平成25年)4月6日に運行を再開し、この日から[3]2014年(平成26年)6月22日まで「キット、ずっと2号」として桜柄のラッピングで運行し、「キット、ずっと2号」としてのラストランを終えた後、一般参加によるラッピング剥がし作業が行われ、参加者がラッピング片を持ち帰った[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 三陸鉄道開業時は南リアス線。JR山田線の三陸鉄道移管に伴い、全線をリアス線と称している。
  2. ^ 南リアス線は震災前、1両編成のディーゼル車4台体制で運行していたが、3台が津波で使えなくなった[2]

出典[編集]

関連項目[編集]