鈴木重邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
鈴木重邦
時代 平安時代末期
生誕 嘉保2年(1095年
死没 天承元年(1131年
別名 宗円入道、重国
官位 刑部左衛門尉
主君 源為義
氏族 穂積氏藤白鈴木氏
父母 父・鈴木重元 母・越智親経の娘
兄弟 重邦、重次
藤原宗永の娘
湯浅胤貞の娘?
重倫、季重、重善、重定
テンプレートを表示

鈴木 重邦(すずき しげくに)は、平安時代末期の武将豪族穂積姓藤白鈴木氏の当主で、左近丞・鈴木重元の子。妻は藤原宗永の娘。官位刑部左衛門尉

紀伊国名草郡藤白に居住し、源為義に属して武功を得たと伝わる。また、鳥羽上皇御幸時に衛府官として行宮のお供をし奉仕した。天承元年(1131年)に37歳で没した。法名は宗円入道。弟の鈴木重次は右兵衛少尉に任官され、源為義に属して保元の乱に参加している。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 穂積姓鈴木氏: 紀州德川二七〇年鈴木家系譜(鈴木淳介、1982)
  • 寛政重修諸家譜
  • 古代氏族系譜集成/中巻(宝賀寿男)

関連項目[編集]