鈴木重武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
鈴木重武
時代 平安時代中期
生誕 天禄3年(972年
死没 永承7年9月15日1052年10月10日
別名 鈴木庄司
官位 掃部允
主君 中原成道
氏族 穂積氏藤白鈴木氏
父母 父:鈴木重実、母:侍従藤原定時の娘
兄弟 重武、基安、倫安、基兼
眞砂清行の娘
重康、重孝、重親、女子(田屋権大夫室)

鈴木 重武(すずき しげたけ)は、平安時代中期の武将穂積姓藤白鈴木氏の当主。父は重実、母は侍従藤原定時の娘。官位は掃部允

長元元年(1028年)の6月に前上総介・平忠常が謀反を起こした際、追討のため中原成道に随行して東国に下向した。永承7年(1052年)9月15日に81歳で没した。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 穂積姓鈴木氏: 紀州德川二七〇年鈴木家系譜(鈴木淳介、1982)
  • 古代氏族系譜集成/中巻(宝賀寿男)

関連項目[編集]