鈴木良氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
鈴木良氏
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 鈴木判官
官位 従五位下検非違使右衛門府生
氏族 穂積氏藤白鈴木氏
父母 父・鈴木基行 母・不詳
兄弟 良氏、良勝
正室橘広方熊野国造)の娘
重氏

鈴木 良氏(すずき よしうじ、生没年不詳)は、平安時代中期の貴族豪族穂積姓藤白鈴木氏の当主で、初代・鈴木基行の子。官位従五位下検非違使右衛門府生。別名、鈴木判官。

検非違使に任官し、鈴木判官を称した。扶桑略記に「天徳4年検非違使右衛門府生穂積良氏」とある。妻は、同族の熊野国造牟婁郡大領熊野本宮大社神職を務める橘広方従五位下右衛門尉)の娘。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 鈴木淳介『穂積姓鈴木氏: 紀州德川二七〇年鈴木家系譜』1982年。
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年。

関連項目[編集]