鈴木舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 舞
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
学歴 東京藝術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
公式サイト Mai Suzuki

鈴木 舞(すずき まい、1989年 - )は、日本ヴァイオリニスト神奈川県生まれ。日本音楽コンクール第2位[1]、ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール(クロアチア)第1位[2]など、国内外の数多くのコンクールで入賞し、現在は日本とミュンヘンを拠点に活躍する。2012年には皇居宮内庁楽部桃華楽堂にて御前演奏会に出演。2017年にデビューCD「Mai Favorite」をリリース。使用楽器は1683年製のニコロ・アマティ

経歴[編集]

幼少期[編集]

3歳でピアノを始める。4歳の時にテレビでチェロを見て一目惚れするが、チェロをヴァイオリンと呼ぶと勘違いして親に伝え、ヴァイオリン教室に通うことになる[3]

高校・大学時代[編集]

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校1年の2005年に大阪国際音楽コンクールでグランプリ。2年の2006年日本音楽コンクールで第2位、2007年チャイコフスキー国際コンクールで最年少セミファイナリスト。10歳から東京芸術大学音楽学部卒業までの13年間、清水高師の薫陶を受ける[4]。 ローザンヌ高等音楽院(Haute École de musique de Lausanne)、ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピエール・アモイヤルミュンヘン音楽・演劇大学インゴルフ ・トゥルバンに師事[5]。ドイツ国家演奏家資格を取得[6]

奨学生[編集]

  • 2012年度 シャネル・ピグマリオン・デイズ・アーティスト[7]
  • 2012-13年度 文化庁芸術家在外派遣研修員
  • 2015-16年度 ローム ミュージック ファンデーション奨学生[8]
  • 2017-20年度 メニューイン・ライブミュージック・ナウ(ドイツ)奨学生[9]

主な受賞歴[編集]

共演歴[編集]

国内[編集]

海外[編集]

小林研一郎円光寺雅彦飯森範親ニコラス・ミルトンヨルマ・パヌライヴァン・レプシッチヴァフタン・カヒッゼらの指揮で演奏。

メディア出演[編集]

使用楽器[編集]

愛器は1683年製のニコロ・アマティアントニオ・ストラディバリの師として知られる名工の傑作。

ディスコグラフィー[編集]

2017年9月にデビューCD「Mai Favorite」をキングレコードからリリース。ピアノは實川風山田和樹[19]

後援会[編集]

鈴木舞後援会[20]を2020年1月1日に設立。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大阪国際音楽コンクール第6回特別賞結果”. www.osakaimc.com. 2020年1月10日閲覧。
  2. ^ History - MEĐUNARODNO VIOLINISTIČKO NATJECANJE "Vaclav Huml"”. huml-competition.hr/. 2020年1月10日閲覧。
  3. ^ 【新連載】ヴァイオリニスト鈴木舞の連載コラム【第1回】 - ハイレゾ音源配信サイト”. www.e-onkyo.com. 2020年1月12日閲覧。
  4. ^ 【新連載】ヴァイオリニスト鈴木舞の連載コラム【第1回】 - ハイレゾ音源配信サイト”. www.e-onkyo.com. 2020年1月12日閲覧。
  5. ^ 【新連載】ヴァイオリニスト鈴木舞の連載コラム【第2回】 - ハイレゾ音源配信サイト”. www.e-onkyo.com. 2020年1月12日閲覧。
  6. ^ 鈴木 舞|若い音楽家たちの活躍”. micro.rohm.com. 2020年1月10日閲覧。
  7. ^ CHANEL NEXUS HALL”. chanelnexushall.jp. 2020年1月10日閲覧。
  8. ^ 鈴木 舞|若い音楽家たちの活躍”. micro.rohm.com. 2020年1月10日閲覧。
  9. ^ Suzuki Mai(Violine)-YEHUDI MENUHIN Live Music Now München”. www.livemusicnow-muenchen.de. 2020年1月10日閲覧。
  10. ^ 大阪国際音楽コンクール第6回特別賞結果”. www.osakaimc.com. 2020年1月10日閲覧。
  11. ^ 入賞者一覧-日本音楽コンクール”. oncon.mainichi-classic.jp. 2020年1月10日閲覧。
  12. ^ 【日本人が上位入賞】 ロシアの2つの国際コンクールで”. violinear.com. 2020年1月12日閲覧。
  13. ^ Henri Marteau International Violin Competition”. www.facebook.com. 2020年1月12日閲覧。
  14. ^ History - MEĐUNARODNO VIOLINISTIČKO NATJECANJE "Vaclav Huml"”. huml-competition.hr/. 2020年1月10日閲覧。
  15. ^ Orpheus-competiton-beta”. orpheus-competition.ch. 2020年1月12日閲覧。
  16. ^ Vladimir Spivakov International Violin Competition 2016”. amoyal.com. 2020年1月10日閲覧。
  17. ^ Beethoven's Hradec”. www.beethovenuv-hradec.eu. 2020年3月7日閲覧。
  18. ^ Coop Music Awards”. www.facebook.com. 2020年1月12日閲覧。
  19. ^ Mai favorite KING RECORDS”. www.kingrecords.co.jp. 2020年1月10日閲覧。
  20. ^ FAN CLUB - Mai Suzuki 鈴木舞”. https://maiviolin.com/. 2020年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]