ローザンヌ室内管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ローザンヌ室内管弦楽団(ローザンヌしつないかんげんがくだん、フランス語:Orchestre de Chambre de Lausanne)は、スイスローザンヌを本拠地とする室内オーケストラである。

1942年スイス・ロマンド放送の協力の下、ヴィクトル・デザルツェンスにより設立された。デザルツェンスは約30年指揮者を務め、以降アルミン・ジョルダンローレンス・フォスターヘスス・ロペス=コボスが指揮者を務めた。2000年から現在までクリスティアン・ツァハリアスが芸術監督兼Chef titulaireを務めている。

主なレコーディングは、ミシェル・コルボ指揮でJ・S・バッハの各種宗教曲集、ジョルダン指揮マリア・ジョアン・ピレシュ独奏でモーツァルトのピアノ協奏曲集、ロペス=コボス指揮でハイドン交響曲集やロッシーニの歌劇「アルジェのイタリア女」「セビリアの理髪師」やレスピーギリュートのための古風な舞曲とアリア」、ツァハリアス指揮・独奏でモーツァルトのピアノ協奏曲集、ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮でベートーヴェン交響曲第6番などがある。

また、現代音楽や異なる音楽ジャンルにも意欲的で、例えば2010年には委嘱作品としてスイス人サキソホン奏者のダニエル・シュナイダー作曲による「クラリネットとオーケストラのための協奏曲 ”MATRIX 21”」(アメリカのジャズ・クラリネット奏者エディ・ダニエルズのために作曲・献呈)を採用、ツァハリアス指揮によって世界初演された。

外部リンク[編集]