アルミン・ジョルダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルミン・ジョルダンArmin Jordan, *1932年4月9日 ルツェルン - †2006年9月20日 チューリヒ)は、スイス指揮者エルネスト・アンセルメ以来の国際的なスイス人指揮者として世界的に通っている。息子フィリップ・ジョルダンも指揮者である。名前は、出身地であるスイスのドイツ語圏では通常「ヨルダン」と発音されるが、フランス語圏スイスのスイス・ロマンド管弦楽団(後述)の指揮者として有名になったため、フランス語読みの「ジョルダン」が定着したものと思われる。

国内各地(ビール、ゾロトゥルン、ザンクト・ガレン、チューリヒ、バーゼルジュネーヴローザンヌ)でさまざまな演奏団体を指揮した後、1985年から1997年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席指揮者を務めた。

オネゲルシェックマルタンといったスイス人作曲家の作品や、ドビュッシーラヴェルといったフランス音楽を得意とした。一方、現代で最も深遠なリヒャルト・ワーグナー解釈をする指揮者としても知られており、とりわけ《パルジファル》が知られている。また近年は、マーラーツェムリンスキーなど世紀末ウィーンの音楽にも取り組み、すぐれた成果を挙げていた。

2001年メトロポリタン歌劇場でワーグナーの《指環四部作》を指揮中に肺炎を患ってから、活動が停滞しがちになっていた。

先代:
バーゼル歌劇場音楽監督バーゼル交響楽団音楽監督
1971年–1989年
次代:
先代:
ジャン=ピエール・ヴァレーズ
パリ室内管弦楽団音楽監督
 
次代:
ジョン・ネルソン