鈴木篤之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 篤之(すずき あつゆき、1942年10月31日- )は、日本の原子力工学者。元原子力安全委員会委員長、元独立行政法人日本原子力研究開発機構理事長[1]

来歴[編集]

専門は核燃料サイクル工学。核燃料サイクル安全,放射性廃棄物環境安全,原子力安全の社会化(セイフティ・コミュニケーション),原子力安全の国際化(グローバル・パートナーシップ)などに取り組んできた。1995年に起きたもんじゅナトリウム漏洩火災事故については、背景にある「組織の隠ぺい体質」をたびたび批判していた。

新潟県中越沖地震において柏崎刈羽原子力発電所が「想定を上回る地震動」を受けたことを反映し、原子力安全委員会において原子力発電所の耐震指針改訂に取り組んだ。

2010年よりもんじゅを所轄する日本原子力研究開発機構の理事長に就任。隠蔽体質を批判していたにもかかわらず2013年、「もんじゅ」における1万近くの点検漏れが発覚。原子力規制委員会が機構のトップの責任を明確化するよう求められたため、2013年5月に理事長を辞任した。

日本学術会議会員,米国科学アカデミー理事。

略歴[編集]

主な著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 理事長 鈴木篤之 日本原子力研究開発機構の役員紹介
  2. ^ 鈴木篤之 すずき-あつゆきデジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 「原子力機構:鈴木理事長が辞任 もんじゅ点検漏れで引責」 毎日新聞、2013年05月17日-2013年5月17日閲覧
公職
先代:
松浦祥次郎
日本の旗 内閣府原子力安全委員会
委員長

第7代:2006年 - 2010年
次代:
班目春樹